雛人形について

年中行事129閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

そうですね・・・ 娘は数年前より難病を患っています。 と、言っても、生活制限もなく、服薬のみではありますが、完治の見込みはなく、今後、どうなるかわかりません。 そのことを、今になって、ふと、雛人形を買わなかったからかなと、思ってしまいました。 7段飾りを飾るスペースはあります。が、片付けるスペースが(笑) そうですね。娘に聞いてみます。 ミッキーとミニーの飾りがあるので、それでいいと思ってるかもしれません(笑)

その他の回答(2件)

2

参考にならないとは思いますが、自分の経験を書きます。 70年前に祖母から譲り受けた木彫りの雛飾りを飾っていました。ちゃんと7段ありました。節句にはみすぼらしい古い雛でしたが、満足でした。しかし小学校に入って間もなく、突然祖母がひな人形と一緒に親せきの家に転居しました。 いろいろあったようで、永久に自分からひな祭りはなくなりました。 母親は、一人娘にひな人形を買うより亭主に洋服を買うほうがいいような人でした。母親が死んだとき、すでに自分は30過ぎてましたが、父親が突然雛人形を買ってくれました。本式の7段飾りでした。今も飾っています。 雛飾りは、女の子一人一人にお守りだとか、いろいろお作法をおっしゃる方がおられますが、子供にとっては、おさがりでも、譲られたものでも、「私の人形」です。生まれたら初節句までにそろえろとかいろいろ言いますが、それも経済が許せばの話でしょうね。 子供の気持ちと言いますが、子供だって、親の気持ちを忖度します。 もちろん話し合いは大切ですが、お互いに相談して、決めればよいことに思います。 リメイクもありだと思いますよ。

2人がナイス!しています

0

雛人形は、お子様の健やかな成長を願うしるし。 そして大人になったら、その役目が終って引退するもの。 つまり質問者様の人形は、雛人形の形をした「ただの人形」です。 もちろん、大きくなってからの人形買い足しも問題ありませんが、 既に市松人形とミッキー・ミニーの人形があるのですね。 それがお子様にとっての雛人形となっています。 メインの人形はあるのですから、添え飾りとして 質問者様の人形を付け足すのはいかがでしょうか? もう「ただの人形」ですから、形式にこだわらずに 親王飾りだけ追加するとか、道具類だけ添えるとか 適当にアレンジして飾ってよいのですよ。