回答受付が終了しました

ID非公開

2021/1/18 20:36

33回答

セスナと戦闘機なら操縦の難易度はまるっきり違うのでしょうか?

回答(3件)

0

違いは大きいと思いますよ。 感じ方には個人差があるで程度は分かりませんが。 とくに速度の違いで大きいでしょうね。 速度が2倍になると判断する時間が半分になります。 水平飛行なら大した差は無いでしょうけど、 離着陸の前後では全てが倍の速さで過ぎて行くので大変でしょうね。 セスナでも20%ぐらい速度が増えるだけでも 気を抜いてるとあれれ~~~となる事はあります。 もう一つは安定性も影響はあるでしょうね セスナや旅客機は安定性が重視されるので操縦は楽な方でしょう。 戦闘機は安定性は嬉しくないので 安定性を犠牲にして運動性を高めて設計されます。 自動操縦装置とかで補正はされるでしょうけど大変だろうなって思います。 似た様なセスナでも安定性が少ない飛行機だと困難とは言いませんが、面倒だなって思わされます。 特に離着陸時など低速では安定性に欠ける機体は気をつかいます。

0

FBW(フライ・バイ・ワイヤー)=コンピューターで補正してるので、飛ばすだけなら戦闘機のほうが案外簡単かもしれない。 その都度トリム(重心)を変えたり、ラダーを踏んだりしなくて済むみたいですからね。 ちなみに、細かい事を言うと「セスナ」ってのは会社名です。プロペラ軽飛行機の一般名詞化して呼ばれてますが、セスナ社はビジネスジェット機などもつくってますからね。もちろん、最近の機体はみんなコントロールはFBW化されてます。

0

軽自動車とF1マシンの運転ぐらい違う