回答受付が終了しました

NBAのネッツでハーデンが1戦目でトリプルダブルをとり絶好調ですが、アービングは復帰してやっていけるのでしょうか?

回答(7件)

0

カイリーはプレーメイクも抜群に上手いですが、ハンドラー役よりもウイング役として得点する方が好きな選手なのでハーデンとのポジション被りは全く問題になりません。 PGだけど得点したいカイリーは他のスコアラー達とは噛み合わなかったし、SGながらプレイメイクがしたいハーデンはクリポ、ラス、ウォールと噛み合わなかった。 だからこそ彼らはベストフィットだと思いますよ。 今のハーデンを見る限り、自らのグラビティを使って他の選手の得点を容易にしようという姿勢が見えますし、そんな彼のおかげでやりやすさが増しているのは他の選手のプレーを見てなんとなく感じ取れました。

0

やっぱりアービング戻って来て2戦2敗ですね。 スタッツいいけど勝てないアービングらしい結果です(汗) 各々の負担軽減にはやっぱり必要です。 ハーデンは怪我に強いですがデュラントはそこまで、アービングはすぐ怪我します。 全員スタメンで出場させて、なるべくハーデン、アービングずらして調整がベストやと思います。 それより衰えたジョーダンだけのインサイドが不安ですね。

0

3人同時に出さないなら確実にプラスでしょうが微妙ですね。 層が薄いのでなんならディアンドレの方に負担がかかりそう

0

プラスにはなりますね。 まず、ハーデンとKDの負担軽減になります。2人とも、トレード後は38分以上と長時間出ているので、怪我だったり、クラッチタイムに疲れてる可能性もあるので、カイリーが戻ってくれば出場時間を制限できます。 そして、セカンドユニットの層が厚くなりますね。カイリーがスターターになればハリスやグリーン、ブルブラがセカンドユニットで活躍できるようになります。そして単純に、カイリーはシャメットやキャバロよりオフボールもキャッチアンドシュートもうまいので、オフェンス面では向上しますね。 ハーデン、KDが一人で出る時に、ハーデンの時はスコアラーが、KDの時はプレイメイカーやハンドラー不足なので、カイリーが戻ればローテーション的にも厚みが出るのでプラスになるかと。 問題はディフェンスですね。特にスターターの。KDは最近足が動いてません。ハーデンもディフェンスやろうと思えばできますが、エリートとは言えないし、平均くらいです。カイリーも、ディフェンスにはムラもあれば波もあります。その点、ブルブラはエリートだし、ハリスには波は少ないです。グリーンはウィングディフェンダー兼リバウンダーとして機能してるので、そこら辺が不安ですね。

0

ウェストブルック以上には噛み合いますよ。 というよりもウェストブルックよりも噛み合う選手ってかなり多いです。 単純にアービングには外があります。 彼らのマークマンがハーデンにダブルチームをかけたとしましょう。 ウェストブルックは外がないからディフェンスはカットを警戒すれば良い。 アービングはカットと外の両方があるからディフェンスはどちらも警戒しないといけない。 この差はマークマンだけの問題ではありません。 周りのディフェンスも動きに合わせたローテーションを気にしなければならない。 だから、外が打てるか否かはかなり大きな要因です。 八村が外を求められているのもそれがあるから。 そもそも1-1もそう。 ウェストブルックは外がないのに無理くりリムアタックできるスピードがあるからすごいだけで、アービングはドライブも外も両方を使える。 本来は土俵が違うんですよ。 アービングは外がない、ドライブができない、そう言う選手ではありません。 間違いなくオフェンスでは穴になることがない。 そして同ポジションの選手を人並みに守ることができる。 カリーやハーデンも同じですね。 いかにディフェンスが重要とされている現代でも、オフェンスで限定される選手とアービングでは確実にアービングの方が良い。 ビッグマンはガードのドライブを守れないし、ガードはビッグマンのポストプレーを守れない。 普通の選手はどうしてもディフェンスで穴になる部分が出てくる。 だったらオフェンスに制限のない選手を選ぶべきという寸法。 レブロンやAD、KDはそれがないから別格の扱いなんですよね。 先日のバックスとの試合もそうでしたが、ネッツはキチンとミッションを遂行できるチーム。 厄介だったホリデーをきっちり剥がしています。 アービングが帰ってきて弱くなることは、チームの遂行力を考えても想像しづらい。 弱くなったとすれば、他のチームが画期的な対策を考えたからとしか…。 そのくらいシンプルで強力なトリオになると思います。 3人を同時起用するのはプレーオフからにして、3人のラインナップを不確定要素として残しておくとかどうだろうか…。笑