「凄い分かる」って言い方、本来なら「凄く分かる」が正しい言い方だと思うのですが、なぜだかあまり違和感を感じません

日本語 | 一般教養40閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ベストアンサーは悩みましたが、直感的ながらとても説得力のある答えだったのでこの回答を選ばせていただきました。 言葉の歴史に関する知識や様々な考え方がありとても勉強になりました。皆さん回答ありがとうございました。

お礼日時:1/25 13:17

その他の回答(3件)

2

>「美しい舞う」とか「かわいい踊る」とかには違和感があるのに、「凄い分かる」にあまり違和感がないのはなぜなのでしょうか 「すごい」という形容詞に、程度副詞のような「程度の甚だしさ」を表す意味があるからでしょう。 それで、副詞と同じような(活用しない)使い方が起きたのだと考えられます。 「すごい」<明鏡国語辞典> ① 物事の程度が甚だしく尋常でないさま。ものすごい。 「今日は人出が━」 「━拍手がわき起こる」 「━・く大きな家」 語法:話し言葉では、「すごい」を「すごく」と同じように連用修飾に使うことがある。「━悔しい」「お母さん、━怒ってたよ」 ② 感嘆に値するほどすばらしい。 「優勝とは、それは━な」 ③ 身震いするほど、恐ろしいさま。すさまじい。 「━剣幕で怒鳴る」 「猛獣の━声」 ◆古くは③の意。のち②、①と用法を広げた。 表現程度の高さについては、プラスにもマイナスにも評価する。「すごい暮らしぶり」は、極端に富裕の意にも貧窮の意にもなるなど。

2人がナイス!しています

mfsさんの解釈は面白いと思います。私も以前、mfsさんと同様に、関東方言(すげえ)に由来しているという考えを持ったことがあります。案外、間違いではないかもしれません。

2

以前、何かの本かテレビで見ましたが。 言葉は意外にも早い速度で口語などの言い方は変わるみたいです。 なので、本来文法や伝統的な言い方だったのが、変わってきており違和感が感じ無くなっているのかと。

2人がナイス!しています