市街化調整区域について質問です。

画像

不動産 | 土地93閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

現在の建物・土地所有者が建て替えをする場合と、質問者が建築する場合では、審査内容が異なる可能性もあります。 市街化調整区域内での建築は、その自治体(市町村)で審査基準が異なり場合が多いようですので、ご注意下さい。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん丁寧に回答していただき迷いましたが、tenさんに選ばせていただきました。ありがとうございました。

お礼日時:1/20 13:01

その他の回答(5件)

1

昔、調整区域に身内が家を建てて住んでいました ところが事情があってその土地建物を売却しました するとそこに建物を取り壊して床屋が開店 10年ほどしたら今度はラーメン屋が買い取りました そしてさらに15年程したらそのラーメン屋は更地になり1年ほどしたら 今度は個人の家が建ちました 今でも市街化調整区域です 床屋・ラーメン屋は沿道サービスで確認申請が下りたと思いますが 個人の家は・・・・政治家が陰で動いたのかな?

1人がナイス!しています

1

☆、都市計画法が昭和45年施行と同時に市街化調整区域となって、 既存宅地と建物も既存宅地の権利は平成13年に廃止しています。 故に、質問者が農地転用は不要でも都市計画法第34条に該当外者 でないようです。故に既存宅地の相続者にもなれず、都市計画法 第43条の条件にも該当はし難いと思います。宅建者は浅く広い知 識はあるが、開発設計者の資格者ではないと責任逃れに危険あり。 ☆、疑問であれば、市役所の都市計画係で確認が正しい選択です。

1人がナイス!しています

1

オイラの市なら可能性はあります。 あと、家の納税が何時から始まったか分るといいですね。 固定資産税の納付書に築年月日がS39になってればいいのですがね。 未登記建物ですら課税はされてるのでどうなってるかですね。 納付書がなければ、評価証明書でも取得してみては どうでしょうか。 あとは、故人の住民票でS39から住んでいた証拠も 集めておくといいかもです。

1人がナイス!しています

1

①tenさんの言う通りで、市街化調整地域での「既存住宅地の特例措置」は廃止されていますので、その手法は使えませんね。 ②この土地がある市区町村役場の中にいる、「農業委員会」と「建築指導課」を訪ねて「どうすれば家が建てられるのか?」を聞いてみてください。 ※話の内容が複雑なので、必ず直接訪ねて職員に聞いてください。 https://nakajitsu.com/column/46249p/ この文中の「既存住宅でも建て替えられない事はある!?」の部分をご覧ください。 法34条の許可が欠かせないので、まずは相談してください。

1人がナイス!しています

1

そのマップと、2件隣の家の建て替えができたことから、ほぼ建替えは可能だと思います。 正確に確認したければ、特定行政庁(市または県)に確認してください。 その地域により違いがありますが、市街化調整区域での再建築について、事前相談の制度がどこの行政にもあると思います。

1人がナイス!しています