ID非公開

2021/1/20 21:59

33回答

一人称小説の地の文における敬語について。

小説 | 日本語25閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

あ、だから、情景描写も心理描写も台詞も、すべて主人公の目と心と口を通した語り口でなければならないということです。一貫性がないといけない。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんのご回答、大変参考になりました。 基本的には敬語で統一し、「言い回し」「単語選択」「語尾の工夫」などで口語感や緩急などを演出する形にしてみます。 一番最初かつ詳細にお答えしてくださったことから、ベストアンサーに選ばせていただきました。 ありがとうございました!

お礼日時:1/25 1:15

その他の回答(2件)

1

客観性の高い情景描写や説明文は「である。~だ」調 キャラクターの心理的な距離の近い描写や思考文はそのキャラクターの口調に近い「ですます」調 で良いと思います。そのほうが心理描写だとわかりやすいので。

1人がナイス!しています