登山などで低体温症になったらどんな感じになるのでしょうか?体験談などありましたら教えて下さい。

登山 | 病気、症状60閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん壮絶な体験をお持ちで....ありがとうございます

お礼日時:1/22 21:17

その他の回答(4件)

0

11月の谷川岳 一ノ倉沢、 登り始めて暫くすると 雨が強く降り始めた、 その時 凹角を攀じていたので 雨具も出せずにずぶ濡れになってしまった、 直ぐに雪に変わったので 下降を始める、 しかし体が動かない・・・・ 岩場は降りたが 動けない・・・ 足が痙攣するので 手でマッサージしようとすると手が痙攣する、 いつもは余裕で登れる箇所も登れず 二人で力を合わせて乗り越える、 意識はしっかりしているが・・・ 頭だけは冴えているが体が疲労感で動けない、 これではだめだと思い無理やり体を動かして 這いながら下る、 下に着いたら気温が上がった事もあり 何とか動けるように・・・ その時 一ノ倉沢には4パーティが入っていた、 生還できたのは 私達を含めて2パーティだけだった。

0

低体温>イキナリ動けなくなってる自分を発見する。俺ㇻのは少し 特殊で突発的な物かも知れない。 カヌーで冬場に三日月湖のほとりを遊覧中にカヌーの底に杭?が 当った感触と共に浸水したんだ。岸までの数十mをカヌーを曳航して 泳いだが陸にカヌーを引き上げる事は出来なかった。偶々いた釣り人の 助けで体を焚火で暖めたがあの人達が居なければ恐らく凍死した物と 思われる。 近所の河で遭難とは情けないが事実は認めなくてはイカンだろう? 情けないな…(/ω\) 意識が朦朧として夢でも見てる様な非現実的な感覚で説明が難儀だが 映画で自分の姿を見てる様だった。まるで自分がそこにいない様で 離人症を起こした者のようだ… 雪山で低体温症で亡くなった人達を雪洞で保護した事もあるが 寝てるだけの様に穏やかな死に顔に慄然とした覚えがある。 雪洞で雪が止むまでの3日間ずっとご一緒したが寝てる時に 話し掛けられた様な悪夢を見たな(笑)ギョっとして眼を覚ますと 生きてるのは俺ㇻだけだ。 雪が止んで警察のヘリが仏を引き取り去った後に雪洞に戻った 時の恐ろしさは未だに忘れる事が出来ない。誰も居ないんだが 誰かが居るのが判るんだ。

0

震えを意識的に止めることが出来なくなる 脱力感を感じる 着込んで栄養とって風雨の防げるところで小一時間休憩しつつ 濡れた衣服の着替えや乾いたものを肌につけるなどしつつ 仮眠(1時間ほど)で多少なりとも回復した感じを受けたので 外は笠雲の中で暴風でしたが、一目散に下山に向かいました 半分ほど降りたところで笠雲から抜け、太陽が出て暖かくなってきたので回復しました