ID非公開

2021/1/22 10:41

33回答

太平洋戦争時期の軍上層部は薩長というよりそれ以外の藩出身者のほうがおおかったんですか?大正に薩長派閥はおとされたんですか?

補足

軍だけでなく政界についてもおねがいしまさ

日本史26閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/1/22 11:40

1 昭和の軍部の暴走太平洋戦争に巻き込んだのは薩長閥が行ったものではなかったという理解でいいんですか? 2 言い方が悪いかもしれませんが、薩長が成し遂げた明治維新、日露戦争勝利とは正反対に元賊軍出身のひとたちが太平洋戦争、徳川幕府を守ろうとしたなど二度にわたり、日本を危機におとしいれるようなことをしたという解釈も見方によってはできるんですか?

その他の回答(2件)

0

>昭和の軍部の暴走太平洋戦争に巻き込んだのは薩長閥が行ったものではなかったという理解でいいんですか? 昭和期にも軍閥と呼ばれる存在がありますが、この軍閥は、旧賊軍側の出身者による変容があった・・・という見立ては昔からありますけどね。 (たとえば、東條英機も山本五十六も旧幕側の系譜です。 昭和の軍部なんて右も左も、東北の逆襲じゃねえかっていう、真面目な歴史ジョークがありますw 2.26事件も東北の困窮って復讐的な背景がありますしね) むろん薩長土肥は、すなわち西国の雄藩ですからね。そして勝ち組となった京のお公家も天皇も関西人なわけです。 つまり、「薩長閥への反動」としての東を精神的根城にした昭和期軍部(政府官僚)を捉えるという歴史観です。 昭和期というのは、マクロでいえば(戦後も含めて)、明治ニッポンの宿痾弊害を解消しようという、ガラガラポンを指向した改革期であったわけです。 (だから経済学でも、軍人官僚政治家そして経済人の”革新官僚”思想をバックグラウンドにした、1920〜30年代を起点とする戦後史観が有力な学説としてあるわけですし、日本が成功した社会主義国だとか自民党は社会主義政党だとか言われる所以なわけです) また世界史的に見ても、近代資本主義の構造的な破綻が明らかになり、制度改革に取り組んでいた時期です(だから社会主義国やファシズムが熾きたわけで) で、話を戻しますとw、「薩長閥への反動」という見立てをとれば、薩長閥は無くなったといっても、その”陰”はあったとなります。

1

既に藩閥政治は終わり、軍もトップは交代してました。海兵学校も士官学校も授業料無料な上に小遣いまでくれる事もあり賊軍藩出身の子弟は多いです。 薩摩出身の有名な軍人と言えば西男爵くらいしか直ぐには思いつきませんが、もちろん上層部と言うほど偉くはありません。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/1/22 11:41

1 昭和の軍部の暴走太平洋戦争に巻き込んだのは薩長閥が行ったものではなかったという理解でいいんですか? 2 言い方が悪いかもしれませんが、薩長が成し遂げた明治維新、日露戦争勝利とは正反対に元賊軍出身のひとたちが太平洋戦争、徳川幕府を守ろうとしたなど二度にわたり、日本を危機におとしいれるようなことをしたという解釈も見方によってはできるんですか?