楽天カード、ゴールドカードはなぜ改悪したのでしょうか?理由わかりますか?

補足

皆様ありがとうございます

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうごうございます

お礼日時:1/29 11:38

その他の回答(3件)

1

ずっと楽天経済圏にいたのですが、PayPayが出来てから、楽天ゴールドカード使用して楽天で買うよりYahooカード使用でヤフーショッピングで買った方が還元率がいいんですよね。 楽天ゴールドの意味が薄れていて、改悪でますます意味がない感じですね。

1人がナイス!しています

0

カード会社は慈善事業でカードを発行しているわけではありません。 楽天カードが、空港ラウンジの使用回数を減らしたように、ゴールドカードを発行すれば、利益が上がると予想したのに、思ったように利益が上がらなかったので、サービスを削ったのかもしれません。 新型コロナの影響もあるかもしれません。そのうち他のポイントも削減されるかもしれません。政府のキャッシュレス5%還元事業のように、一定数を確保出来ればいいと、初めから計画されていたのかもしれません。

1

関係者以外で理由が分かる人はいない(身も蓋もない)。勝手に推測すると、 1.空港ラウンジ説 2018年9月から無料で年2回に減ったが、それでも採算が合わなくなった。ラウンジ無しで無理矢理ゴールド名乗るより、ポイント削ることにした。 空港自体の利用者が激減して、各空港運営社がラウンジ利用料の値上げを求めた可能性もある。 2.ゴールド呼び水説 楽天カードは、ゴールドをプレミアムのお試し的な役割と考えていた。役目は終わって発行停止したいが、その前に会員数を減らしておきたい。そのためポイント削った。 3.引き篭もり需要裏目説 ゴールドのポイントアップ分は期間限定ポイント。一定数が?使われず失効するのが織り込み済みだったが、今のご時世、引き篭もり需要で失効ポイントが減って採算が合わなくなった。それでポイント削った。 いやもう、クレジットカードのサービスは無くなるか悪くなるのどちらか。そうなってからバタバタするのではなくて、事前にイフプラン立てておくのが吉です。

1人がナイス!しています