プロレス技で、見た目「キャメルクラッチ」

プロレス41閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

2
画像

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

愛野ユキ選手を、最初に紹介してくださった こちらの方をベストアンサーと致します! みなさん、ご回答ありがとうございました!

お礼日時:1/23 18:08

その他の回答(2件)

1

私が最初に見たのは86年の最強タッグ神戸大会でのドリーVS鶴田で行われたものでしたが、繋ぎ技程度でこの技で決まると言った感じはなかたったです。

1人がナイス!しています

1

先に回答が出ていますが、愛野ユキ選手の愛と炎のフルネルソンと、ミスター雁之助さんの涅槃という技がフルネルソン式キャメルクラッチです。 恐らく元祖はミスター雁之助さんの涅槃という技が最初だと思います。 余談ではありますが、キャメルクラッチは数多くの複合技(派生技)があります。スリーパー式、クロス式(足を決める)、極楽(新崎人生)、ドラゴンスリーパー式、チキンウイングフェイスロック式、海老反り式、肩羽締め式(ハーフネルソン)、足で首を絞める形などなど

画像

1人がナイス!しています

涅槃!そういえばファイプロで 見たことがあるような気がします! 愛野ユキ選手が、俄然気になって きました! いろんなキャメルクラッチが あるんですね。 ドラゴンスリーパー式って! 一度に、様々な箇所にダメージが 行きそうですね! 詳しく教えてくださり、 ありがとうございました!