日露戦争で、日本海海戦で日本が負けていれば、有色人種は、欧米白色人種の奴隷になっていましたか?

日本史 | 世界史63閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました

お礼日時:1/24 9:50

その他の回答(2件)

0

そもそも、人口が4000万人以上もいて、武力も世界的に高い水準にある当時の日本に、どうやったらロシア軍が本格的な渡洋と着上陸戦なんかできるんだって、考えてみたことはあられますでしょうか。 なにせ、ソ連が世界パワーとなった冷戦期でさえ、ソ連軍には日本への着上陸能力はありませんでした。 だいたい、ロシアにとっては日露戦争は、極東辺縁の権益争いの局地戦の拡大にすぎませんよね? なんで、そんな有色人種は、欧米白色人種の奴隷云々なんて話になるでしょうかって話ですけどね >有色人種は、欧米白色人種の奴隷になっていましたか? つうか、歴史をみれば、さんざん欧州の人間を支配し隷従してきたのは、むしろ有色人種ですけど、それはなぜ見ないのでしょうか、っていう基本的な疑問が湧いてくるご質問です。 アメリカ人含めヨーロッパ人種の歴史観において、アジア人やイベリアを支配したアラブ人種は、相当にトラウマですよ? だから、現在でもハリウッドではびこった(さすがに近年は禁忌になりましたが)、ステレオタイプなアジア人像って、野蛮で暴力的なんじゃないですか。 さらにそもそも論をすると、日露戦争は20世紀ですから、啓蒙思想期はとっくに過ぎて、近代の人権思想が確立し、また18世紀には植民地経済は近代経済学にとってオワコンに追い込まれたのだから、その白人がー!っていう歴史観はどうかという話ですね

0

ロシアに日本に侵攻する意思も能力もありませんでした。 ロシアの目的は、あくまで満州の利権です。

ロシアが来なくても、日本弱しと見たイギリス、アメリカ、ドイツが色々言いがかりをつけて、侵入してきたのでは?そして、アジアはロシアを含めた欧米諸国に色分けされていた、と思われますが。