北見工業大学は、北の名門と聞きましたが、 本当ですか?

大学受験 | 大学173閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん回答ありがとうございました。 いちばんしっくり来た回答をベストアンサーにさせて頂きます。

お礼日時:1/24 15:11

その他の回答(2件)

0

北見工業大学はすごい遠いところだな。 こんなところに入ったら 勉強、研究に 思う存分、打ち込めそうだね。 ↓ 北見工業大学(きたみこうぎょうだいがく、英語: Kitami Institute of Technology)は、北海道北見市公園町165番地に本部を置く日本の国立大学である。1966年に設置された。大学の略称は北見工大。 大学全体 大学は、工学部のみの1学部2学科からなる工学系単科大学。 建学の精神(校訓・理念・学是) 理念 人を育て、科学技術を広め、地域に輝き、未来を拓く 基本目標 向学心を喚起し、創造性を育み、将来の夢を拓く教育 個性に輝き、知の世紀をリードし、地域特色のある研究 地域のニーズに応え、地域をリードし、地域の発展に貢献 国際的視野を踏まえた教育研究、学生・教職員の国際化を推進 沿革 略歴 国立大学法人運営による工学部単科のみの工業大学。1960年(昭和35年)設立の北見工業短期大学が前身で、1966年(昭和41年)に北見工業大学として開学した。 日本の国立大学としては最北に位置し、寒冷地の産業を支える人材を育成してきた。「寒冷地工学」を標榜し、寒冷地の環境に適した技術研究や、北海道の特にオホーツク海側の産業に関連する研究が盛んに行われている。 なお、道内の国立大学としては初めてISO14001を取得した。また、2017年度から、新体制の学科・コース制に移行している。 年表 1960年 - 北見工業短期大学が発足 1966年 - 北見工業大学が発足 1967年 - 北見工業短期大学を廃止 2004年 - 国立大学法人法の規定により国立大学法人北見工業大学へ移行 2008年 - 学科制から系列・学科・コース制へ移行 2017年 - 系列・学科・コース制から2学科8コースへ改組 2018年 - 北見工業大学・小樽商科大学・帯広畜産大学が法人統合で合意 基礎データ 所在地 北海道北見市公園町165番地 教育および研究 組織 1つの学部、1つの大学院研究科からなる理工系単科大学である。 学部・学科 工学部 2017年度入学生より、2学科・8コースという制度へ移行している。1年次に学科に所属し、2年次後期にコースを選択できる(地域マネジメント工学コースは全学科共通で選択できる)。 学科・コース 地域環境工学科 エネルギー総合工学コース 環境防災工学コース 先端材料物質工学コース 地域未来デザイン工学科 機械知能・生体工学コース 情報デザイン・コミュニケーション工学コース 社会インフラ工学コース バイオ食品工学コース 地域マネジメント工学コース(全学科共通) 2016年度入学生以前の3系列・6学科・13コース 1年次に系列に所属し、2年次に学科を選択、3年次にはコースを選択(マネジメント工学コースは全学科共通で選択可能) バイオ環境・マテリアル系 バイオ環境化学科 バイオ・食品コース 環境化学コース マテリアル工学科 エコ材料コース ナノ材料コース 情報電気エレクトロニクス系 電気電子工学科 電気システムコース 電子情報通信コース 情報システム工学科 知能デザインコース 情報メディアコース 機械・社会環境系 機械工学科 機械科学コース 機械知能・生体コース 社会環境工学科 環境システムコース 社会基盤コース マネジメント工学コース(全学科共通) 体育系 スキー部 柔道部 トランポリン競技部 卓球部 男子バスケットボール部 男子バレーボール部 剣道部 ヨット部 サッカー部 弓道部 バドミントン部 サイクリング部 陸上競技部 硬式野球部 ローンテニス部 航空部 軟式野球部 カーリング部 女子バスケットボール部 山岳部 ソフトテニス部 サバイバルゲーム同好会 ASC(アクティブスポーツクラブ) ワンダーフォーゲル部 スノーボード同好会 ダンス同好会 男女バレーボール同好会 スポーツチャンバラ同好会 水泳部 アイスホッケー部 文化系 軽音楽部 写真部 天文部 Historical Simulation 研究会 情報処理技術研究会 吹奏楽部 囲碁・将棋部 総合美術研究会 鉄道研究会 奇術部 Acappella Chorus Ensemble (ACE) OFIC (Organization For International Communication) 模型同好会 DDI 茶道同好会 ぷよぷよ同好会 競技麻雀同好会 余暇活動サークル DJレイヴサークル 現代視覚文化研究会 https://ja.wikipedia.org/w/index.php?curid=28264 北見市へのアクセス [飛行機で] 最寄りの空港は女満別空港。 東京、名古屋、札幌便が就航しています。 発着便にあわせてバスが空港-北見間を走っています。 (料金:片道1,000円) 空港から北見市までの所要時間は約40分。 北見市内の終点・出発点はJR北見駅横のバスターミナル、 北見工大へは「工業大学入口」停留所が便利です。 大学-停留所は徒歩10分弱。(ただし、工大へは上り坂) [JRで] 札幌-北見間の特急オホーツクは、1日2往復運行。 旭川-北見間の特急大雪は、1日2往復運行。 ※札幌-旭川間の特急は、1日20往復以上運行。 札幌から北見までの所要時間は約4時間30分。 [都市間バスで] 札幌-北見直行バス・ドリーミントオホーツク号、1日10往復運行。 札幌から北見までの所要時間は4時間35分。 札幌の乗車場所は、 札幌駅前ターミナル及び中央バス札幌ターミナル。 北見での乗車・降車は空港バスと同じバスターミナル。 https://www.kitami-it.ac.jp/