ID非公開

2021/1/25 9:45

33回答

小6のこどもがゲーム(フォ―トナイト)をやり過ぎてて困ってます。毎日、夜中までゲームをして学校に行かない同じクラスの友達とゲームをやりだしてから、全く勉強もしなくなり、学校も行かなくなりました。もともと学

学校の悩み68閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

この返信は削除されました

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさんの回答が素晴らしくて悩みましたが、1番感情が動いたので選ばせて頂きました。ありがとうございました。

お礼日時:1/27 19:32

その他の回答(2件)

1

夜に眠れない生活リズムである事と、ゲーム等の何らかの依存症は別の問題です。 詳しい内容は省きますが、夜に眠れない人間というのはうつ気味でネガティブな精神状態になります。そして死から逃れるために何かに依存して気を逸らす事で、命を守ろうとします。 つまり、止めさせるべきはゲームではなく昼夜逆転です。 しかし人は睡眠を直接操ることは出来ません。睡眠とはホルモン分泌によって引き起こされる機能であり、ホルモンを意思の力で自在に分泌させられる人間はまだ存在しません。 睡眠機能は複雑なので、睡眠科やスリープクリニックで診て貰うのが一番です。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/1/27 16:30

回答ありがとうございます。 生活リズム大切ですね、ゲーをやめさせる事ばかりを考えていました。こどもはやっぱりうつ気味ですね。夜9~10時に寝ていた時は学校にも行ってました。今は夜は11時~12時過ぎくらいに寝て朝は10時頃まで寝ています。 睡眠科というのがあるんですね、生活リズムがなおらない場合 睡眠科考えてみます。 生活習慣の大切さを改めて考える事ができました。 勉強になりました、貴重なご意見ありがとうございました。感謝します

1

それは大変ですね…。自分も依存症で治療を受けていますが、お子さんの様子を見るに、既に依存状態になっていると考えられます。 ゲーム依存症の本で読んだ話ですが、まずは頭ごなしにゲームを否定するのではなく、どういう点がおもしろいのかを聞いて、理解を示すことが重要とのことです。その上で、本人の健康によくないので心配していること、徐々にでよいので減らしてほしいこと、代わりの楽しみを一緒に探そうと誘うことを伝えるとよいとのことでした。 また、依存症に至るまでには、はじめになにか辛いことがあり、そこから逃れるために依存していってしまうことがとても多いそうです。元々学校に行きたがらなかったとのことなので、話してくれそうな様子でしたら、なぜ学校がいやなのかを聞いてみて、そちらについても対策する必要があると思います。 いずれにしても、親子だけで簡単に解決する問題ではないので、早いうちに依存症の治療機関につながることをおすすめします。はじめは親御さんだけの相談でも受け付けてくれるところがほとんどだと思いますので…

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/1/27 9:05

ご回答ありがとうございます。学校に行かなくなった最初のきっかけはいじめられてからで、ゲームばかりするようになったのも嫌な事を忘れるからと言っていました。 回答を頂いた内容が、こどもの事そのままで、よくこどもの気持ちを理解されていると思いました。 プレイセラピーや教育相談には行っていますが、状態は悪くなりました。 今後は、依存症の医療機関で治療をします。 こどもの考えに理解を示し、こどもに寄り添い優しく教えていこうと思います。 アドバイスすごく勉強になりました!感謝します。