ID非公開

2021/1/26 11:46

22回答

①相対性理論②光速度不変を理論的に否定してください。

補足

余談① 一応私のスタンスをここに示しておきます。 ▶︎ここから “「一般相対性理論(E = mc2)」と「特殊相対性理論(光速度不変の法則)」は①正確で正しいが、②完全ではない。 しかし、 わたしたちのいる銀河系の宇宙を観察したり、住んでいる地球を説明したり、 応用して例えばGPSを使ったりする分には①正確で正しいため ②完全ではない事を後から証明出来たとして、 (例ブラックホールの地平面及び特異点、宇宙の加速膨張) 大きな意義があっても大きな影響はないだろう。“ ◀︎ここまで 余談② 物理学そのものへのアプローチとして… ニュートン先生は落下するリンゴから「1 N=1 kg⋅m/s2」 を、アインシュタイン先生は「E = mc2」を “なんかアパートの壁と天井の壁歪んでね?”がきっかけに見つけたらしいです…と補足しようと思いましたが 一瞬で指摘されて驚いています。 その通り、理論のスタート地点が怪しいんです。 どちらも式や考え方がエレガントで私は好きですが。

物理学 | 天文、宇宙85閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

アインシュタインの場合、結果を原理してますが、 この前提は逆で、差動光速がガリレイ系を生成するなら、同じ慣性系内の光速度が一定になることや慣性質量と重量質量が等価になるのは結果であり、わざわざ時間と光速を分けて原理にすることもない。重力加速系を前提に光の運動量の等価原理➔「真空中の光速は一定」へつなげないといけないだろう。https://note.com/s_hyama/n/n8544d2fecff2

その他の回答(1件)

0

相対性理論の数式は完全であり真です。そして、私は相対性理論の篤い信者です。 しかし、その解釈には様々あります。①「時間と空間そのもの」が変化するのか、②時計が遅れ定規が収縮するので「時間と空間の座標」が変化するのか、③時間と空間が変化して見えるだけなのか、等々あります。 私は、②と解釈する者です。以下私の考えを説明します。 粒子は、光速に近づくに従って動き難くなります。ですから、高速で移動する時計は構成する粒子が動き難くなるので遅れます。私の肉体を構成する粒子も動き難くなるので、時計と一緒に高速で移動する私は、ゆっくりと動き・思考し・年を取ります。 私がゆっくりとなるので、自分が持っている時計が遅れていることに気が付きません。逆に、静止している人は速く動き・思考し・年を取っていると見えます。また、静止している人が持っている時計は、速く進んで見えます。まるで、自分に流れる時間が遅くなった様です。 しかし、決して私に流れる時間そのものが遅くなった訳ではありません。私や時計と言う物質が動き難くなっただけです。 また、高速で原子が移動すると、電子は動き難くなり回転速度が落ち遠心力が弱まり、原子核の電磁気力に引かれより小さい軌道を回ります。この仕組みにより、高速移動する定規は「ローレンツ収縮」します。定規が縮むので距離は逆に長く測定されます。しかし、自分自身が移動しているのでその分距離は短く測定されます。距離はその差引となります。 この遅れた時計と収縮した定規を使い、動きながら時間や距離を測定するので、高速移動する慣性系では「時間と空間の座標」が変化します。「時間と空間の座標」が変化すると、光の速度は常に一定に測定されます。 また、強い重力が粒子に掛ると粒子は動き難くなります。ですから、高速移動した時と同じ現象が起こります。つまり、高重力場では、時計が遅れ定規が収縮するので「時間と空間の座標」が変化します。 詳細は、下記のホームページを参照下さい。 http://catbirdtt.web.fc2.com/soutaiseirironnnokanntannnasetumei.html 「光速度不変の原理」とは、静止して光を観測しても移動しながら光を観測しても、光の速度は秒速30万キロと測定されると言うものです。 例えば、時速100キロの電車を静止して観測すると、その速度は時速100キロです。しかし、時速50キロの車で追いかけながら電車を観測すると、電車の速度は時速50キロと測定されます。時速50キロの車に乗って電車と対面する形で観測すると、電車の速度は時速150キロと測定されます。 移動する車から見た電車の速度を、電車の相対速度と言います。「光速度不変の原理」とは、光の相対速度は秒速30万キロで不変であると言うものです。つまり、光を秒速15万キロで並走しながら観測しても、同速度で光と対面する形で観測しても、光の相対速度は秒速30万キロで変らないというのです。これは、常識に反するため、大変理解しがたいのです。 ではなぜ、この様な考え方が必要だったのでしょうか。 電磁気力は、光の一種である電磁波が、電荷を帯びた物質間を往復することで生じます。そして、電磁気力の強さは物質間の距離の2乗に反比例します。つまり、電磁波が物質間を往復するのに要する時間の2乗に反比例するのです。 電荷を帯びた2つの物質が並走しながら電磁波を交換すると、静止している場合に比べて、電磁波の往復距離は長くなります。即ち、電磁波の往復に要する時間が長くなるので、生じる電磁気力の強さは弱くなる筈です。 しかし、現実には、静止していても移動していても、生じる電磁気力の強さは変りません。 この謎を説明するために、アインシュタイン博士は、移動する2つの物質から見た電磁波の相対速度は、秒速30万キロで不変であると考えたのです。これで、静止していても移動していても、電磁波は同じ時間で物質間を移動します。だから、生じる電磁気力の強さは、物質の移動速度にかかわらず不変となると説明しました。 しかし、幾らなんでも、秒速30万キロの光を秒速15万キロで追いかけても、同速度で光と対面しても、光の速度は秒速30万キロで変らないと言うことは理解出来ません。 そこで次のような思考実験を行います。 電荷を帯びた2つの物質を、一本の剛体の両端に取り付けます。そして、この装置を秒速vキロで移動させます。この2つの物質間を電磁波は往復します。 この時、電磁波の移動距離は、進行方向(横方向)に剛体棒を向けた時静止時の1/(1-v^2/c2)倍、上下左右方向(縦方向)に向けた時静止時の1/√(1-v^2/c^2)倍となります。 一方、秒速vキロで移動する物質は「ローレンツ収縮」し、横方向に√(1-v^2/c^2)倍短くなります。従って、剛体棒の長さは、横方向に√(1-v^2/c^2)倍短くなるので、電磁波の横方向の往復距離は、静止時の1/(1-v^2/c2)×√(1-v^2/c^2)=1/√(1-v^2/c^2)倍と、縦方向の往復距離と同じとなります。 この仕組みにより、マイケルソンとモーレーの実験では、縦方向に往復させた光と横方向に往復させた光とが、同時に戻ることが出来たのです。 従って、秒速vキロで移動する場合、電磁波の往復距離は静止時に比べて1/√(1-v^2/c^2)倍となります。つまり、電磁波の往復時間は、静止時の1/√(1-v^2/c^2)倍となります。 一方、高速で移動すると物質は動き難くなります。この現象は、粒子を加速器で加速する際に見られます。粒子は光速に近づく程、加速し難くなります。秒速vキロで移動すると、静止時の√(1-v^2/c^2)倍しか動けません。従って、時計は1秒間に√(1-v^2/c^2)秒を刻む様になります。 こうして、秒速vキロで移動する慣性系では、電磁波の往復に要する時間は、静止時の1/√(1-v^2/c^2)倍×√(1-v^2/c^2)倍=1倍となります。つまり、電磁波の往復に要する時間は、移動速度に関係なく不変なので、生じる電磁気力の強さも移動速度に影響されず不変なのです。 この様に、現実には往路と復路の光速度は異なりますが、物理学の計算上一々往路と復路の光速度よりそれに掛る時間を計算し、生じる電磁気力の強さを求めることは無駄です。 生じる電磁気力の強さは、電磁波の往復に要する時間の2乗に反比例するのであり、往復に要する時間は不変なのですから、往路と復路共に光速度不変と仮設して計算します。 その様に仮設したのがローレンツ変換 ①t’= (t-Vx/C^2) / √(1-v^2/c^2) ②x’=(x-Vt)/√(1-v^2/c^2) ③y’= y ④z’= z ⑤C’=C です。 物質は質量があるので、上記のとおり高速で移動すると動き難くなりまたローレンツ収縮する為、光速度が不変と測定されます。 x=光の進んだ距離=Ct㎞、t=光の進んだ時間、V=もう一方の光の速度=C㎞/秒を①と②に代入すると x'÷t'=C と光速度不変となります。 この様に、高速で移動すると時計が遅れ定規が収縮するので、V慣性系では時間と空間の座標が変化するのです。決して、時間と空間そのものが変化する訳ではありません。 時間と空間は絶対であり、光速度は物質が変化するので、不変と観測されるだけです。 詳細は、下記のホームページを参照下さい。 http://catbirdtt.web.fc2.com/kousokudofuhennnogennri1.html