退職時の定期代について質問です。 今の会社では自宅〜A駅まで半年分の前払いで定期代を受け取っています。

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

退職時の定期券の扱いについて通勤手当を管理している部門に問い合わせるのが社会人として最適解だと思います。損得の問題ではなく、交通手当て支給規定や就業規則の問題です。 ・A駅までの1ヶ月間の定期は更新するべきか? →更新せずに出勤日の分だけ精算したほうが会社として安上がりである場合は、定期は更新せずに個別精算するように指示が出る可能性もあります。通勤手当を管理している部門へ問い合わせてください。 定期券を更新した場合も、退職時は定期を解約して定期券の払戻金を会社へ返金するのが普通です。もし定期券を買い取りたい場合は、払戻金相当額を精算することで、認められる場合もあると思います。会社の就業規則によりますので、通勤手当を管理している部門に問い合わせしてください。 ・A駅までの定期を半年分購入した場合、途中からB駅までの区間に定期を変更できるのか? →定期券の区間の変更は出来ません。

0

会社から交通費が出るのに、主様が損をすることは無いと思います。 一般的には、 1か月で更新、6カ月定期との差額は返金、以降は最終出勤日まで実費の支給、 になるかと思います。 会社の締め日と、主様の最終出勤日しだいで、1か月+1か月のほうが安くなる場合は、1か月2回になることもあります。その場合は2か月分を想定して余ったお金は最終出勤日までに返金です。 上記はあくまで一般例です。 正確なところは会社に聞かれたほうがいいと思います。

0

損得の問題ではないので、会社の指示に従ってください。 指示がなければ今まで通り更新して、退職時には解約、払戻金の精算をしたらいいでしょう。 A駅からB駅に変わる場合は、解約した後に買い直しになります。

0

あなたの会社の支給規則次第です。損得ではなく、会社から支給を受けているなら会社の規則に従ってください。 極一般的には、 ・予め通勤期間がわかっている場合はその期間で購入 ・退職する場合は払い戻し相当額を返納(退職時の給与から控除など) ということになるかと思われます。 なお、定期券は「区間変更」はできません。 ただし、新たに購入する定期券を同じ鉄道事業者で発売できる場合は、「不要となる定期券の払い戻し計算方法が異なる」ケースはあります。 JRの場合は、払い戻す定期券を通常の払い戻しではなく、10日単位の旬数単位で計算し、残余の期間分を返してくれます。

0

まずは今の会社の就業規則を見てみましょう。 退職時に鉄道会社から払い戻しをして会社に返金するとか記載があったりすると思いますので。