なぜ長期金利が上昇すると株価が下がるのでしょうか。

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(1件)

3

長期金利が上がると借入金利が上がり設備投資、住宅購入、自動車購入などが抑制されるからです。 中長期的には金利が高い国や通貨には買いが入りますが短期的には悪影響が先に出るので株価が下がります。

3人がナイス!しています

さらに追加すると、今の低金利の状態で長期金利が上がる状態というのはインフレ期待率が高くなっている状態であり、中央銀行による利上げ観測が高まることを意味します。 利上げは金融緩和とは逆の作用をしますので行き場を失って株式市場に流れていた緩和マネーがなくなって株価が下落します。