船舶用のディーゼルエンジンは重油が使用できるのになぜ自動車用のディーゼルエンジンは重油が使用できないのですか。 教えてください。

工学 | 新車182閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

排ガス浄化の為にサルファフリー化した日本。 一方でA重油には未だ硫黄分の含有が許されている。 https://ja.wikipedia.org/wiki/A%E9%87%8D%E6%B2%B9 これを「クリーンディーゼル」なる物に給油・流用しちゃうと、排ガス浄化の為の触媒類が、EGRによる硫酸被毒(亜硫酸ガス → 硫酸のエンジン内への還流)で、一発で駄目に成っちゃいます。(無効化される) 硫黄分は極圧剤としても働くので、サルファフリー化に踏み切るのも難しかった。が、EGRしないとNOx低減出来ない。 ので、一説には¥8千億とも囁かれる設備投資を石油業界が呑んで、脱硫化と相成った。 粘度や含有炭化水素の量も違うけど、それ以上にサルファフリーか否かが大きく成ってる今、脱法軽油を給油しようという事は、大気汚染も辞さないという、天に向かって唾する行為、に成ってるのです。d(・_・)

その他の回答(7件)

1

同じディーゼルエンジンでも船舶用は低速型、自動車用は高速型だからです。 そして重油は軽油よりも燃焼速度が小さいので低速型のものにしか使用できないため船舶よりもはるかに高速回転を要求される陸上交通機関には用いられないのです。

1人がナイス!しています

1

大型トラックなど、排気量の大きいエンジンであればA重油でも走行は可能。 但し、黒煙が多くなり、環境悪化が懸念されるため、公道での使用は禁止されている。

1人がナイス!しています

1

重油を使ったディーゼルエンジンは低速回転過ぎて、自動車には向かないのです。 排気ガスも大海原で排出するのでなく、市街地で排出するなら、浄化が必要になります。そうするとさらにパワーダウンして使いにくくなります。

1人がナイス!しています

1

環境に悪い物質をたくさん排出するからです。 船は広い海上なので少しぐらい放出しても人間に害は出ないので規制は緩やか。 大量に消費しますから値段が安いこともあります。 ヨーロッパに行くと通行する船舶、重油を使えない箇所もあってその場合は軽油に切り替えるそうです。

1人がナイス!しています

1

普通に使えますよ。黒煙がすごいだけです。トルクは出ます。昔、ダンプ運転手をやってたおじいさんに実際聞いた話です。

1人がナイス!しています