日本酒の場合は、醸造アルコール添加はそれほど悪いことではないのですか。 ウィスキーの場合は宜しくないのですか。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさま、ありがとうございます。

お礼日時:4/13 19:19

その他の回答(4件)

1

専門分野ですので専門的に答えることは簡単なのですが、よくよく考えて頂きたいのは「世の中に一律の良い悪いというものはなく、それはそれに対して判断する我々の考え方や感じ方の数だけある」という事です。例えば私がここで「日本酒へのアル添は良いことです、もしくは、アル添は悪いことです」と色々な理屈を付けてお答えしたとして、それを理解してご自身の知識とするのは単に「私の言ったことを盲目的に信用して自分の言葉にしているだけ」でして、自分がすべき判断を人の判断で代えるというだけのことなのです。 ですから、あなたが自信をもってこれこれは良いことである、もしくは、悪いことであると胸を張って言える様にする為にも「アルコールを添加している日本酒やウイスキーを飲んでみて、また、そうでないものも飲んでみて、一体どういった違いがあるのかを自分で探し出して自分の言葉として、自分で評価をしてほしい」のです。逆に言えば、何かを良い、悪いと簡単に判断するというのは実はそのくらい難しいことなのです。

1人がナイス!しています

0

程々に使うなら良いです、本醸造はアルコール度数の調整と味の調整で入れます、ウィスキーは醸造用アルコールって入れましたっけ、安いウィスキーを桶買いはしますけど、カラメルは色を統一するために入れます、