私の友人のアマチュアギターリストがこう言ってました。「自分がライブで演奏してた時全然満足してなかった。

補足

ライブでは大音量のため、自分の弾いてるギターの音が潰れて綺麗に聴こえないので、ビィブラートやチョーキングのニュアンスや音程感が掴めず、ノリが悪くなるという問題です。

バンド | ギター、ベース147閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!! ほかのご回答の方もありがとうございました!!

お礼日時:3/8 16:03

その他の回答(12件)

0

そのバンドのスタイルに対してのPAの解釈、PAシステムや会場の環境、色んなものに左右されます。 バンド内のバランスに問題があるのか、外的要因が大きいのかは様々なケースがあるので一概にこうあるべきというのは言えませんし。 自分が満足したライブでも聴き手からしたら微妙と感じるかもしれないし、その逆も然り。 やり方は状況によって選ぶべき。 これ以上無いくらいデカイ音を求められることもある。

ご回答、ありがとうございまする(*^ー^)ノ♪ まあ結局、迫力重低音のためにデカイ音にした結果、ギターも音量を上げなきゃならんくなったというのもあるかと。 あと、耳の個人差もあるのかなあと。 でもライブによって音量差はありますね。 地下アイドルのライブでも大音量過ぎるやつもあれば、バンドのライブでも小音量のもある。

0

バンド側の問題としては リハーサル時にしっかりモニター からの返しを調整しないとそうなります。 バンド初級の頃には皆んなそんな感じです。 聴く側の問題としてはライブハウスでは観客の声援等に演奏がかき消され無いよう、またスピーカーから遠い場所でもハッキリ聴けるよう調整されている為かなり大音量で調整されていますのでレコーディングの音源のように綺麗には聴こえないのはしょうがない事です。諦めて下さい。 特にスピーカーの正面とかだと音が大き過ぎるのである程度離れた場所で聞いた方が少しはマシになります。

0

その辺、人によるんだよなあ。あまりにバランス取れすぎるとライブでやる意味なくなるって人も前に言ってる人見かけたことあるし。俺は最初期に見たロックバンドのライブで終わった後耳鳴りするような状態だったけど「これがロック…!」って感動したこともあるし。 PAは極力演者の音に味付けするのを良しとされないので(勝手にPA好み全開でチューンされた外音になってるとかもたまにいるけど)、もし歪んだ感じになってしまうのならそれはそれが「そのバンドの音」ってだけのことだと考えるようにしてます。それを意図的にやるのか、腕が無くてコントロールできてないのかはケースバイケースじゃないすかね。 ソロでやるときはその辺の調整は自由自在ですね。何ならマルチ使ってステレオで出したりとかできるし。ディレイとかトレモロとかアンプ一台じゃ到底出来ないことも設計できる。

0

音に演奏を合わせてください。歪むというか、もやるんでしょう。音数減らす。自分がノれなかったら、酒飲んで思考速度を落とす。スタイルをヴァンヘイレン以前にする。まあ今時デジタル直ミキサーなら、特に問題無いとは思うのですが。

>音に演奏を合わせてください。 そこよ!(笑) 粗く歪んだ潰れたサウンドを生かして演奏すると、昔のブルース風のギンギンのソロになる(笑) サウンド=表現=感性 だからね 昔はそゆのもやったけど、 いま私がやりたいのはそーゆーのじゃない(笑) メタルプログレは、澄みきった倍音成分、ぶ厚く深く滑らかに歪んだ透明感のあるサウンドから生まれるが如し。 やっぱ感性を刺激する音がほしいよね。 https://m.youtube.com/watch?v=AF7KtUCzrG4

0

うーん…ぼくは学生時代にホーンセクション組んでバンドの後方でラッパ吹いてたんですが、演奏してる音がよく聞こえなかったんですよね。その経験があるのでステージ上ではよく聴こえないものだと思っているトコロがあります。音は全部客席に吸われていく感じ。舞台上で自分の前の楽器の音は前に飛んでいって吸われてしまいよく聴こえない。ドラムの振動は伝わってくるのでソレが頼りです。でもお客さんの様子はわかるんですよ、向かいあってますからね。 おっさんになって今はベースを弾いてるんですが(アコギ仲間と)、やっぱりよく聴こえないですね。録音を聴き返すとPAさんが上手いバランスでやってくれてるんですが、舞台上ではよく聴こえない。上手なPAさんだと返しでもうまく聴こえるようにしてくれるんですが、いつもそうとは限らない。 まあお客さんのところでちゃんとしたバランスで聴こえるようになってるんで、それでいいかな、そういうものなんだろなと思っています。

ご回答ありがとうございます。 まあそのために演奏者が自分の音を聴くためのスピーカーがステージ前面にありますですね。 大きいライブ会場では、仰るように演奏者に聴こえにくいのかもしれません。 ギター奏者の場合も、ギターの音が他の楽器の音に埋もれてしまっては、音の輪郭を聞き取れないので、それも困りますね。 ライブハウスだと客用のスピーカーが演奏者近いので、うるさいのかもしれません。