男尊女卑文化は天皇を始めとする神の国の基本だった? アメリカに敗戦した事から ひっくりかえっちゃたけどね

補足

戦後、アメリカにより民法がガラッと替えられたから 何となく天皇は変な家庭に見えてしまう 一般的に 天皇株式会社を経営するお父さんが無くなった時に地位も財産も1人娘に渡り 叔父の子供である「いとこ君」に渡る事はまずあり得ない、 そこが現代に生きる国民と古代形式の天皇との矛盾が生じている つまり戦前の男尊女卑がそのまま受け継がれているのが天皇なのだろう

政治、社会問題 | 国際情勢39閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

「天皇は男尊女卑の象徴だった」 日本社会では、天皇株式会社のお父さんが無くなった時に地位も財産も1人娘に渡り 叔父の子供である「いとこ君」に渡る事はまずあり得ない そんな戦前の体質のままの天皇は男尊女卑社会を引きずったまま生きている とても国民のお手本や象徴とは行かない

ThanksImg質問者からのお礼コメント

そもそも天皇神論は日本の軍国主義を支える基礎となった 天皇神=国教神社=軍事政権 敗戦後は日本書記などは全くのでたらめだった事が分かり 時の小説家がかいた空想本に過ぎなかった そんなでたれめな神話の下でなりったっている天皇って何だろう もっとも明治天皇から3代は国家の最高権力者だったが 今何、外国に滅ぼされた単なる王様の子孫だろう

お礼日時:3/6 7:55

その他の回答(4件)

0

日本では女は劣っており汚なくよごれているのだよ。宮中行事も生理中の女は参加出来ない。それどころか雅子妃は女だからと言う理由で陛下の即位礼に出席出来なかった。しかし女の大臣は出席した。無茶苦茶だ。こう言う連中が天皇制を取り仕切っているのだよ。

2

鎌倉時代くらいまでは女性の地位はとても高かった。 政ごとの中枢には必ず女性が立っていた。 江戸時代ですら今よりも女性の地位は高かった。 それが変わったのは明治維新以降なんです。 初めて戸籍制度が始まり、廃藩置県で下級武士は失業から困窮し女子供を犠牲にしろと国は言い始めました。

2人がナイス!しています

せっかく天皇の所に嫁いでも男の子が生まれなければ 全てが水の泡で終り、1人娘は地位も財産も「いとこ君」に奪い取られてしまう こんな事は民間ではあり得ない、仮に娘が死亡してもその子供に渡るのだが 天皇はなんて不思議な存在なのか戦前の男尊女卑をそのまま継承している