回答受付が終了しました

国民健康保険料延滞で差し押さえ についてです。

国民健康保険535閲覧

回答(2件)

0

国民健康保険料の納付義務者は、被保険者ではなく、被保険者が所属する世帯の世帯主です。従いまして差し押さえの対象となるのは世帯主です。あなたの場合はきっとお母さまが世帯主であることが推察できます。 なので、お母さま名義のあらゆる債権が差し押さえの対象です。例えば預貯金の払い戻し請求権や給与所得者なら給与債権。実家の所有者がお母さまであれば実家も差し押さえの対象です。 これまでの保険料はどうすることもできないので、金策して納付しなくてはなりません。今後については、弟さんが実際にお住いのところに住民票を移動するか、それができないなら世帯分離の手続きをして弟さんを単身世帯にしてその世帯主にすると、これ以降の納付義務者は弟さんになります。

では世帯分離をすれば、それ以降の保険料や借金(借金も発覚しました)の請求を払う義務は弟にできるということですか?代わりに払わないと母が住む実家が差し押さえ...とはならないのでしょうか?

1

基本的な回答は「住民票が同じ世帯なら、世帯主が支払いの請求先なので、世帯主へ催促や取立てが掛かる。 支払いを拒否する等、住んでる市区町村の役所や役場、国民健康保険担当課を怒らせたらマズくて、預貯金メインで財産差押えである。 住民票の世帯分離しか、確かに方法が無いが、世帯分離前の部分は、催促や取立てが掛かってる世帯主が、どうしても支払い義務あるそうなので、まずは住んでる市区町村の役所や役場の国民健康保険担当課で、差押えを通知した担当の職員さんへ連絡し交渉してだが、催促や取立てが掛かってる金額を、払う必要あり」と、なります。

1人がナイス!しています