クロスバイクのクロモリフォークとカーボンフォークでは乗り心地、スピードなどの性能に差は出ますか?

2人が共感しています

ベストアンサー

0

何が楽か?なんですよね。 カーボンは踏み出し軽いけどスチールより硬い場合が多いです。 ホイールも硬いと路面の振動がモロに上がってきます。 これが嫌なのでスチールフォークに戻したものもあります。 タイヤ、リム、スポーク、フォーク、ハンドルバーのトータルな硬さも気にした方がいいです。

その他の回答(6件)

0

楽に移動したいというのであればクロモリフォークでも問題はないのではないでしょうか? よっぽどスピードを出して+衝撃を吸収してほしいとかであれば別ですが、カーボンフォーク=コストが高いということに直結します。 ストイックに長距離のサイクリングを念頭に置いているならカーボンフォークもありだと思いますが、クロスバイクですし速さを求めず日々の街乗りを快適にと考えているならクロモリフォークも十分快適です。 ご自身がどのように自転車を楽しみたいかをまずは決められたほうがいいかと思います。

1

う~ん体感レベルの話だと乗り心地が軽くなる程度で 平地のスピードは大差ないですね。 なぜなら完成車のクロスバイクだと5万~10万位のバイクの 場合フレーム事態に剛性が低いからカーボンフォークに換えても 力入れて踏んでもパワーが逃げる傾向ですので平地でのスピード には影響はないです。 ただし長距離の上り坂とかでは軽さが物を言います。 それよりもタイヤを換えた方が圧倒的に速くなるよ。 カーボンフォークに換えてスピードが出るのは例えば クロモリのレーシングフレームにエンビのカーボンフォークとか 入れたら相当平地でもパワーロスが減り早くなります。

1人がナイス!しています

0

街乗り程度であれば、先の回答者さんがご指摘の通り、然して気になさるべきファクターでもないかと思われます。 どちらもフレームはアルミ…という前提なら、カーボンフォークの車種は凡そ、他の部分でも何かしらグレードの良いものが使われていたりするものですし、何処かに(例えば、ハンドルグリップ辺り等々)に衝撃吸収的なギミックが施されていたり…等々と、コンセプト的に速さよりも乗り心地に振ったモデルなら、総合的にクロモリフォークが採用されたモデルより遥かと上回っている(乗り心地も、スピード性も)可能性は大いにあろうかとは思われますが。 然し何より、街乗り主体であれば、駐輪時等に、無用に気遣いも増えるカーボンフォークは、無駄な…オーバースペックだといえる可能性も高いかと。 飽くまでも主観的には、街乗り主体であれば、価格帯にして5~6万程度の、所謂 エントリーグレード帯のもので十二分かと思いますけれどもね。 (32C~程度のタイヤ幅のものであれば、アルミフォークであっても十分かと…) ご納得の相棒を手中となさり、快適なサイクルライフを送られますこと、祈念申し上げております。

1

どちらも乗り味には良い傾向を示すので大差ないでしょう。当然カーボンの方が軽いので車体の軽快さはでますが、値段ほどの差はないです。 スピードなんて全く関係ありません。

1人がナイス!しています