ID非公開

2021/2/20 13:43

88回答

キムヨナと浅田真央の決定的な違いを挙げるとすれば、それは何ですか?技術面、精神面、環境面など。何がこの差をつけましたか?

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます。 同感です!

お礼日時:2/27 13:57

その他の回答(7件)

0

ID非公開

2021/2/23 15:53

国レベルのバックアップ。これが大きかった。五輪の表彰台の順位は政治権力が半分と言っても過言ではありません。スポンサーからメディアまで韓国ロビーが日本に侵略していたのも大きいです。恐らく浅田さんの情報は全て把握されていたでしょうし、メディアは浅田さんに対してかなり冷淡でした。連盟ですら韓国の息のかかったスポンサーの意向を無視できなかいのか十分に選手を守っていなかった。 これが原因の半分。 もう半分は基礎の違いです。キムさんはカナダのオーサーコーチの元でバンクーバーに向けて4年間基礎をしっかり築きました。だから彼女は休養していようが練習不足だろうが常に結果を残せるのです。浅田さんの致命的な部分は基礎ができていない事でした。昔からの癖を若いうちに改善せず、コーチ不在の時期もあり、タラソワコーチについた時には既に手遅れ。これはもう努力をしても練習をしてもどうしようもありません。手遅れなのですから。 2人の運命は19歳の時点にすでに決まっていたのです。

3

「決定的な違い」はないと思います。 五輪で金メダルを獲得できる女子シングルの選手は、4年にたった1人しかいません。数分の演技の結果、数秒の技によって結果が別れてしまう。 真央選手とヨナ選手はどちらもトップ中のトップ選手で、五輪だけではなく出場した全ての試合で金メダル最有力候補として争う立場でした。 真央選手は結果的に五輪では金メダルを獲得できなかったけれど、真央もヨナもどちらも歴史に残る名選手だと思います。

3人がナイス!しています

0

ID非公開

2021/2/21 12:07

キムヨナはIMG事務所契約途中で電通系事務所IBスポーツに移った。 これが一番大きいでしょう。 日本のメディアをはじめ多くのメディアを味方にできますから。

0

家族のバックアップ。 母親が出しゃばり過ぎて、うんざりしたタラソワから見捨てられなかったら、ソチはメダル取れたかもしれない。

4

精神力(蚤の心臓と言われた浅田真央) スケートに真摯に向き合ってきたか(CMタレントと揶揄された浅田真央) 我慢強さ(スケートの基礎の反復練習が大嫌いだった浅田真央)

4人がナイス!しています