回答受付が終了しました

ID非公開

2021/2/20 19:35

1212回答

株式投資で、負けてる時に損切りで売ってしまうのは何故?

株式627閲覧

1人が共感しています

回答(12件)

1

それがメンタル的に出来ればそれでええよ。 損切りしないで塩漬け手法もあり、(実はそのほうが長期的には賢い) 株投資で負ける多くは、下がったので損切りした、(実は損切りの失敗) てのが大半です。 適正な損切りは上級者じゃないと出来ません。(普通人は失敗損切を繰り返して気ずけない) 一般人は塩漬けと休暇でやり過ごすのが良いです。w そういう意味からも平均を株にしたものを買う。 固有銘柄は素人が手を出すべきではない、 これと、あなたの言う方法で、ささやかな幸せが買えますね。^^

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/27 4:18

上級者の成功損切りと 中級者の失敗損切りって 何が違うんですか?

1

タラレバでは勝てません。 戻しタラ。 戻レバ。 確定しない要素は全て切ることです。 現実は自分の思った方向と逆に進む方が多いのです。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/27 4:29

たらればではなく、統計的に見て損切りしない方がいいのでは?と思ったんです。 最高値更新中の銘柄ではなく、下降トレンド真っ最中の銘柄で、移動平均やMACD、パラボリックなどのチャートのインジケーターを駆使してある程度底値を予測して買えば、もし、予想が外れて下降トレンドが続いたとしても、最高値更新中に買って失敗するよりかは断然マシじゃないですか?(買値に戻る可能性があるのでは?) その最高値というのも、10年以上前に出た最高値は当てにならないので、5年以内の最高値を基準に考える。 昔の最高値は、その企業の期待値が反映されたわけじゃなくて単に景気が良かっただけである場合もあるので。 あくまで、企業の期待値が織り込まれた最高値を基準に考えるべき。

0

優良企業で配当金も必ずある株なら 一時的な株安は全く問題ないとおもいます。 これが、配当金も無配当であったりする株は長期で塩漬けになってしまったり 倒産したら終わりです。 JAL株を購入して持っていた時、アメリカで9.11がおこり暴落して私も、投売りしました。しかし、その後上がることもなく、倒産しました。

0

株式投資を始めた当初に経験した失敗例を共有させてください。しくじり先生として、みなさまが同じ失敗をしないようにするため、記事にしております。ご参考にしてください。(鳥貴族・タカタ・シャープについて書きました) https://investor-shun.net/archives/382

0

株が買値に戻らないのは一般的にあることです。 株が下がるには理由があります。 会社や環境そのものが変わっているので、株の価値が変わります。 例えばJT。この企業はタバコをメインの事業にしています。 業績が下がっているので株価は右肩下がりですが、これが元の株価に戻るには、タバコを昔みたいに普及させる必要があります。 今は禁煙だという流れで、タバコで儲かる時代、想像できますか? 電子タバコとか海外たばこ事業の買収など色々やってますが、限界があります。まあ他の事業に手を出して起死回生も0ではありませんが、難しいでしょう。 後、株には、増資 というのがあるので、注意が必要です。 JALやANAも最近しましたよね。 増資をやると株の数が増えるので、単純に増やした割合分だけ株の価値が下がります。 同じ業績でも前と同じ株価にはなりません。 10%株を増やせば(増資)、10%株の価値が下がります。 増資をやる理由は、ただで会社はお金がGETできるからです。 株主からお金を吸収している構図です。 ひどい会社は増資を連発し、株主をお財布代わりにしますので、こういう株は持っていたらひどい目にあいます。 株の売買はその会社の将来性で実施します。業績が上がっている株は株価も上がり続けますし、業績が下がっている株は株価も下がり続けます。