道徳、倫理、哲学そして宗教。 これらは全部別物でしょうか? 或いは重複しているのでしょうか?

哲学、倫理18閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2/28 8:57

その他の回答(4件)

0

倫理学と倫理は違います。 倫理学なら哲学の中の1ジャンルです。 「第一哲学」という場合は形而上学を指す場合が多いけど「いや倫理学だ」とする人もいます。 道徳と倫理は使う人によって意味が違いますね。 「小集団の価値観」をあるサイトでは「道徳だ」別のサイトでは「倫理だ」とかなりごっちゃになっています。 https://blog.goo.ne.jp/masaoonohara/e/3b64566428d683bbea6d895c4abaf2bf これによると「道徳」 はmoralの訳語でありmoralの語源はラテン語のmores。「倫理」 はethicsの訳語であり、その語源はギリシア語の ethos。 moresもethosもどちらも 「慣習、習俗」 という意味なので元はと言えば同義なのだそうです。 宗教と哲学は真理を求めるという意味では同じでしょうけどその方法論として絶対的存在を前提とするかどうかで違ってきます。 しかしヨーロッパはキリスト教の影響が大きかったために常に「神」が哲学にも影響してきた気がします。 結論としては言葉として別物であるけど重複してる部分も大きいっていう、ごく当たり前の結論になるかと思います。

0

学問としての哲学においては、哲学者によっては道徳と倫理を別のものとして扱う人もいますが、基本的には道徳と倫理はほぼ同じ意味で使われます。 哲学という括りの中に、倫理学や道徳哲学という分野があるとされるのが一般的だと思います。美学(感性学)や論理学も哲学の一分野と言われることがあると思いますので。 宗教と倫理学、哲学は重複することはあっても別物ですね。 宗教について考える宗教哲学というのもありますし、宗教が倫理や人の生き方について語ることもあると思います。 しかし、哲学が純粋な真理の探求を目的とするのに対して、宗教は信仰や救済を目的とする場合が多いかと思います。