ID非公開

2021/2/22 18:42

1818回答

皆様の良い

補足

たくさんのご回答ありがとうございます。 わたしは以前はfenderメキシコを使用していて 自分でピックアップを交換したり配線を全交換したり フレット打ち直しもナット交換も自分でやってました。 実際それで満足してました。が、、、 所詮素人、、 だとギターに気付かされました。 オマエはプレイだけしとけと ギターに言われているような気がします。 それからはメンテナンスや改造は専門の方にお願いしています。 ある意味、、個人的にですが 改造に夢中になって時間を使うよりも プレイを磨いた方がギタリストにとって良いと言う結論になりました。

ギター、ベース248閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

3人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/24 8:57

ご回答ありがとうございます。 確かにそうですね。 安くても高くても 俗に言うハズレを引かされる人っていますね。 見る目や 己を知るという事も大いに実力のうちなんでしょうね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

この度はたくさんご回答いただき大変ありがとうございました。 是非ともこの質問を ギターを始めた若い方や 音やプレイな迷走しているギタリストに見て頂きたいとわたしは思います。 今の自分の音に満足出来ずに 改造やエフェクトやアンプに時間を費やす ギタリストは一度根本であるギターを見直す事をおすすめします。 最高の音を知った上で追求するなら良いですが 何が良い音かを知らずに良い音への旅はとにかく迷います。

お礼日時:2/28 7:25

その他の回答(17件)

1

まず、楽器を「ただの道具」とか呼ぶ人たちがいますが、オレちゃんはその表現が嫌いです オレちゃんにとって、楽器、とくに良い楽器は奏者を導いてくれる者だ、という認識です あなたの書いていることはすべてその通りだと思います 高級ギター否定派とかではありませんでしたが、同じような経験をしています ピッキング、強くなりますよねー、あんまり良くないギターで必死に良い音を鳴らそうと思うと でもそうじゃないんですよね、うん、わかるわかる 「チョン」がもんんんのすごく鳴るんですよね それ以前のような弾き方で弾くと、ピッキングがとんでもなく荒いのがとんでもなく目立つんですよね、うん わかるわかる あなたは(オレちゃんも)良い楽器に巡り合い「次のステージ」に上がったんですよ 「できることならば若いうちに、20代前半までとかに気がつきたかったな、そしたらもっともっとギターが上手くなってただろうな」とか後悔めいたことが頭をよぎったこともあったのですが、そんな、考えたってどうしょうむないことは「一生気ぃつけへんかったよりでんでんエエがな!(≧∇≦)」というオレちゃん得意のポジティブシンキングで吹き飛ばし、オールドレスポールをパートナーにして以来、ギターライフをよりいっそうエンジョイしている次第でござる

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/28 6:51

ご回答ありがとうございます。 楽器の音が生々していて なんかこう弦鳴りが 少なく音がプリンとしてるんすよね。 もう彼女選んでるような気になってきますわ。笑 次はもっともっと キャラクターの違う良いギターを知って 自分の愛用ギターの良さを再認識しながらやっていきたいと思います。 エンジョイします!

1

しっくりくるもの

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/28 6:43

ご回答ありがとうございます。 本当求めるのは ただそれだけなんですけどね^_^ でもあれがコレがって 無いものねだりが始まるんすよね。 ある意味 彼女選びに似てますね。

1

ギター君が音を出してくれているのだから(サンプリングデジタル除く)、そのギターが100%ですよ。人間はそれの手助けしかできないでしょう。ということでSuhrのような音とプレイアビリティの中庸君はそれはそれなんでしょうが、個人的にはギター君が本領の武器に専心して欲しい。完璧なプレイアビリティのイバニーズとか、操作性はともかく音がずがーんと圧倒的なSAITOなど、キャラの立っている物が良いです。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/24 10:15

ご回答ありがとうございます。 suhrって独特な音色のクセが 最初は正直苦手だったんですが、、 スタジオミュージシャン臭いですし 自分にはハマっていたようです。 SAITOは良いみたいですね。 試奏した感想は 立ち上がりがとにかく速いイメージでした。 コイルタップで音色がかなり変わるのには驚きました。

1

わかるー。 でもまあそもそも「ギターを上手く弾く」のと「ギターをいじくる」のは趣味として別物だから。車やバイクならレースやドライブ楽しむのと自分の好きな車にしてくのはどっちかしかやらない人普通にいるでしょ。 趣味ってのは時間の浪費を楽しむものだと思ってます。結果「だけ」を求めるようになったらそれはもう仕事になる。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/23 14:11

ご回答ありがとうございます! 確かにそうですね! こうやって なんだかんだ色々考えてる時間も幸せな時間のように感じます。 趣味であるから余計なことを考えて楽しめているのかも知れませんね!

1

こんにちは。 エレキギターの範囲内のお話とします。 当たり前な事かも知れませんが、私が思うには、 弦の張ってある範囲の中に最低限の条件がざっと思いつくだけでも沢山ありまして、 とりあえず思いつくだけ書き出します。 弦の張力に充分耐えうる強度のあるネック。 指板には波打ちやネジレがない。 フレットがしっかり打たれて浮きが無い。 ナットがしっかり固定されていて、高さがシビアに調整されている。 精度が高く強度が確保されたネックジョイント。 ブリッジが正確な位置に正しくおかれている。 ペグの精度が高いこと。 ブリッジからペグまでの弦の導線ができるだけ真っ直ぐなこと。 特にトレモロアーム付きの場合。ロックナット付は除く アジャスト調整がネックや弦を外さないでできること。 ボディ材はネジバカにならず、ある程度の強度がある。 など。 上記を当たり前に製作されていれば、外れは少ないと思いますが、 きっちりやるとこれだけでも値段がハネあがりますね。 当たり前が奥深いですね。まあ当たり前じゃないってことです。 もちろん他にも塗装の仕方やピックアップや他にもまだまだ沼があるから、 いつまで経っても厨二病のままです(笑) 話変わりまして ギタークラフト系の催し物でギターを触らせてもらうと、前述に示した私の条件なんぞは遥かに高いレベルでクリアーされたものばかりです。 あまりの弾きやすさにちょっと難しいフレーズに挑戦したくなりました。 流石のクオリティーでした。 質問者様の最後の ”改造に夢中になって時間を使うよりも プレイを磨いた方がギタリストにとって良いと言う結論になりました。” ってまったく同感です。 同様の結論にやっと気付くまで何十年もかかってしまい、随分と歳をとってしまいました。オレは一体何をやっとるんだか?とも思いましたが、 まあ本末転倒ながら弄りの追求の方が自分は好きな様ですので、 仕方なしとしております。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/23 14:07

ご回答ありがとうございます。 わたしも十何年かかりました。 本当に色々と勉強して 失敗したり成功したりを繰り返してきました。 自分にとって無駄な時間では無かったと思っていますが 何も考えずに 弾くことだけに夢中になっている人と自分は 少し違うと言う事も分かった気がしています。 近年ギターが安価になり 管楽器には30万出すのに ギターには出さない。 その若い方の価値観が もったいないなーと感じます。 最初から本物の楽器に触れていればプレイヤー人生も全然違ったものになるだろうと思いますね。 すいません語ってしまいました!