乗馬クラブでの落馬後の対応について質問です。 先日、乗馬クラブで初めて落馬しました(30鞍目くらいです)

補足

頂いたコメント見て、安全対策にはクラブによって差があると理解しました。 他のクラブで乗馬を続けたいと思うのですが、安全性の高いクラブを見極める方法、ポイント、東京近郊でおすすめのクラブなども教えて頂けたら嬉しいです。 馬のレベルが乗り手のレベルが合っているかなど、私のレベルでは見極められないので… よろしくお願いします。

習い事223閲覧

ベストアンサー

0

今の健康状態は、足腰は問題ないです。 落ちた時に、右腰から落ちた弾みで頭が地面と接触したので(ヘルメットの右後頭部が汚れていました)、強打ではないですが、脳みそが左右に揺さぶられた感じはあり、そこだけ心配なので自分で経過観察してます。 落馬の時は、右に曲がる時に、右側(内側)に落ちたと思うので、躓いた勢いで落ちたというより、滑って馬体が右に傾いて落ちたのかなと思っています。 落馬に対してフィードバックは何もなかったので、落馬はつきものと言ったことも言われないので、落馬に対してどのように考えているのかはわかりません。 落ちた後も、次にどうしたら良いのかの指示もなかなかなく、ただ呆然としている時間が結構ありました。たまたま他のスタッフが2人近くにいたにもかかわらず… 馬が躓くのは、馬が集中していないからと聞いたことがあるのですが、足を滑らすのも、集中できていないせいですか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

何度もお返事ありがとうございました。 他の皆さまも、アドバイス下さりありがとうございました。クラブでかけてもらえなかった労いの言葉もかけて頂いて、心のモヤモヤがかなり消えました!

お礼日時:3/1 21:02

その他の回答(3件)

0

まず質問者様にお見舞い申し上げます。 落馬は初めての事で怖かったことでしょう。瞬間を覚えていなくとも、後で思い出してみると全身から震えがくるような体験です。初心者のうちに落馬を経験してその恐怖から立ち直ることが出来ずに乗馬をあきらめ止めてしまう人もいます。そういうお気の毒な方も観てまいりました。 でも落馬翌日のレッスンには出られたとの事。安心いたしました。 これはお願いですが、どうか落としてしまったお馬ちゃんの事を怖がったり嫌いになったりはなさいませんように。お馬ちゃんも騎乗者を落とすことに大変な罪悪感を感じるそうです(後でインストラクターに怒られるというのもあるようですが)。 前置きが長くなりましたが、大変残念ながら(落馬事故)というのは無くすことは出来ません。乗馬と言うスポーツをする以上起こりえることです。 ですが絶対に「起こしてはならない」事故でもあるのです。 車(はじめ乗り物全般)を運転する以上交通事故を起こしてしまう危険は常に付きまといます。が、だからといって事故を起こしてよいということではないというのと同じです。 インストラクターさんの初期対応、「痛みは無いか?」はよいとして「どうして落馬したのか?」 これはインストラクターさんが質問者様に注意を払っていなかったと自供しているようなもの。質問者様はじめレッスンにで受け持っている会員の全ての行動を把握して常に全員に気を配る。レッスンを受ける会員のレベルに合わせて微妙に指導方法を工夫する。それがインストラクターに課せられた仕事です。 寧ろインストラクターさんの方から「この隅角では馬が躓きやすいので注意を怠らないように」とか「ここは馬の手綱を譲る(或いは引く)ながら脚で推進を」とか具体的な指示を出して、落馬の原因を作らないようにする。万が一、億が一、兆が一(ちと大袈裟ですが)落馬事故が起こったらその原因を会員に的確に会員に指摘できなければなりません。 またレッスン終了後に落馬に対する労りや確認が(インストラクターはじめ受付スタッフ等も含め)全くないというのもはなはだ疑問です。 落馬事故は下手をすれば一生重大な後遺障害を残してしまうこともあるほどです(映画「スーパーマン」で主人公スーパーマンを演じたクリストファー・リーブや大統領退任後にメキシコで落馬しアルツハイマーを悪化させたレーガンなど数え上げればキリがありません)。 レッスン終了後、いやレッスンを中止してもまずは落馬者を安全なところで休ませ体調の確認をし、軽傷で済んだとしても労りの言葉をかけ、その日の夜若しくは翌日の朝にも体調の確認を(謝罪と共に)するのが普通の対応です。 私が初めて落馬した時は当日の夜、そして翌朝クラブの所長さんから謝罪と体調確認のための連絡があり、さらに次のレッスンの時には落馬したことの反省を踏まえてレッスンメニューを少し変えてくれました。 質問者様のクラブについての批評は避けますが(質問者様のクラブを知りませんので)確かにもう少し配慮があってもよいかなと感じます。 「乗馬クラブはサービス業であり、会員様あってのクラブである」 「メンバーファースト、セーフティーファースト」 これが本来乗馬クラブのあるべき姿なのです。 長文失礼いたしました。

全く私の落馬と関係のない皆さんが労りの言葉をかけて下さり、ありがとうございます。 電話で体調確認してくれるクラブもあるんですか。えらい違いですね… 落馬後はレッスンに戻れないルールだったので、他の方より一足速くレッスンを切り上げ、馬装解除の指示を受けたので馬装解除しレッスン終了した感じです。 馬装解除も不慣れなのと、落馬の動揺もあり、打ったところは微妙に痛いし、あまりやりたくなかったのですが、やれそうか?など配慮の声かけもなかったので、自分から言い出す気にもなれず、通常通り行いました。 乗馬をする時に、落馬が起こりうることは覚悟しており、落馬について誰か(馬も含め)を責めるつもりもありません。自分の運動神経が悪いせいも絶対にありますし。 ただ、今回のクラブの対応はいまいちだったことがわかってスッキリしました。

0

「落馬ってよくある話で、心配するほどのことでもない。」 という考え方は完全に間違っています。 基本的に落馬はあってはならないことです。 落馬が起きる責任のほぼ全てはクラブやインストラクターにあります。 十分な調教が出来ていない、騎乗者と馬のレベルがあっていない、馬に何らかの怪我や故障があるのをクラブ側が気づかず提供したなどの理由から起きるからです。 実際いくつかのクラブで騎乗すると、お客さんに出せないような馬を提供していることを時々経験します。 もし落馬が起きた場合は他の馬も含めてレッスンを中止して落馬者の状態確認をする義務がクラブやインストラクターにはあります。 質問者様のクラブの対応は極めて不適切としか言いようがありません。 今回の事案では落馬後の騎乗者の状態確認を行っていないことがより重大な問題です。 そのうえで以降の落馬防止対策として原因を調査することが大切だと思います。 全国乗馬俱楽部振興協会のインストラクター向けの講習会では乗馬時の安全対策について繰り返し指導を行っています。 乗馬で何より大切なのは乗馬時の安全確保であり、それが確保されたうえで乗馬を楽しむことだと私は思っています。

乗馬がこういう世界なのだとしたら、この先、乗馬を続けるのは無理だと思いましたが、普通はもっと安全対策をしているものだと知って、ある意味安心しました。 その乗馬クラブはインストラクターの養成もしているようなので、そのような環境でインストラクターが養成されていくのかと思うと、なんだか怖いですね…

0

まず、お怪我は大丈夫でしょうか? 方向を変えた際に落ちたということは、馬の肩口から滑り落ちるように落馬したんでしょうか。 そのインストラクターがおかしいだけですね。 少なくとも私が知ってるクラブではあり得ないです。 クラブによっては落馬がインストラクターのマイナス評価につながるクラブがあり(いわゆる減給)、 黙っていてバレないなら表沙汰にしたくないというインストラクターがいます。 しかも初心者クラス、軽速歩レッスンで落馬させたとなると、そのインストラクターの指導はかなりいい加減だという話になります。 びっくりされたし、怖かったでしょうね。プロテクターや防護ベストはお持ちですか? その指導者のレッスンはやめた方がいいと思います。適切な指導をしないインストラクターに金払う義務はありませんよ。怪我をしてからでは遅いですからね。

首の筋の痛みはありますが、プロテクターとヘルメットは着用していたので、お陰様で目立った外傷はありません。 一瞬のことすぎて、どのように落ちたのかわからないまま、気が付いたらドサっ右半身から落ちてました。 通っているクラブはインストラクターを指名することができないんです。なので、翌日はたまたま違うインストラクターだったのですが、前日の落馬の情報は共有されていないように感じました。よほど体&精神的に辛ければ自分から言いますが、そこまででもないので、少しは配慮して欲しいなとモヤモヤ思いながら乗りました。 受付で保険について質問した時も、大丈夫でしたか?の一言もなく、人間的にも、施設の管理能力的にも不安しかないので、正直クラブを変えようと思っています。 今回の対応が、一般的ではないようだとわかって安心しました。ありがとうございます。