ID非公開

2021/2/23 7:34

55回答

琵琶湖潜ってルアー回収しまくって生計立ててるひといるのは本当??

2人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

3

そのような人はいないでしょう?。 そう思う理由は 1.琵琶湖といえどもロストしたルアーは流されたり泥や土の中へゴミと一緒に潜るので探しにくい。 2.いくらルアーと言えども、水中に落ちた物は経年劣化で新品でもすぐに汚れが付く。そういう物を中古でも販売物として成り立つのか?す。10個拾ってもまともに販売できる物はわずかだと思います。 3.素潜りかスキューバ(酸素ボンベ)かしりませんが、1個1000円前後で拾った汚れたルアーはせいぜい1個100円程度でしか買い取らないと思います。ネットで出品でもせいぜい300円程度だと推測します。1個300円として生計を立てるには年収300万円と仮定すれば、年間1万個(月換算833個/日換算28個)を毎日拾わないと無理です。そもそも年間1万個探せるわけがありません。1万個ぐらいは落ちているとは思いますが、本人が探せて拾うという意味では無理です。しかも毎年ならなおさらです。しかも拾った物すべてが出品され落札するとは思いません。まして基本拾得物横領の犯罪行為です(厳密には拾得物ではなく潜って盗るので窃盗ですが)。 せいぜい自身で拾って自身で使う程度だと推測します。

3人がナイス!しています

3

自衛隊の金網に鈴なりって 自衛官から聞いたことが有るけど クラッシュを一日10個拾えば生活できるのか? 吉野家でバイトする方がマシなような

3人がナイス!しています

1

初めて聞きました。 生計が成り立つ程のルアーは無いと思いますけど。

1人がナイス!しています