皇位継承問題に関して質問です。 旧宮家の皇籍復帰に賛成ですか?反対ですか? 理由もお聞かせ頂けたら嬉しいです。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

「皇統の継体から消える」は日本語として意味が分かりませんが、伏見宮家が男系では室町時代に迄遡らなければ現皇室に繋がらない事は知っています。 あなたとしては、離れ過ぎてるし、市民生活を送った人は駄目。要約するとこういう事ですね。 では、更に質問ですが、悠仁様にもし男の子が生まれなかった場合は、どうするべきだと思いますか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん中々素晴らしい意見を出してくれたので甲乙つけ難く、あえて一番しょーもないお前の回答をベストアンサーにしました。 これからは質問者以上に知識を持っている場合にのみ、回答する様にしましょうね。 最低限、日本語の読解力は持ちましょう。 小学の時の教科書、たまには見返してみては? 自分の無知を自覚せず、他人を馬鹿にするとか、ほんと滑稽ですよ!

お礼日時:3/2 23:01

その他の回答(16件)

2

賛成です。 皇籍復帰が可能になり、皇籍に入る旧宮家の方がいるなら。 しかし現代は、メディアが粗を探し、一部の国民が威圧的ですから、皇籍に復帰したいと思う方がいらっしゃるかどうか。 お妃候補、女系天皇が認められれば皇配候補は、必ずバッシングは受けるでしょう。 旧宮家の方が復帰されようがされまいが、過去のスキャンダルが一切出ないって、そんな完璧な人がどれだけいるか、一度の人生の失敗、そこからやり直しても許されないのだとしたら、この国、国民の人権・道徳観を疑います。 皇族や陛下が皇族入りを認めたとしても、どうせ彼らはバッシングするでしょう。 勿論、皇籍に復帰する、皇籍に入るなら、資質というものは問われるでしょう。ハードルは高いと思います。 世論、皇室会議、様々あると思いますが、最終的に決定した事(お妃や皇籍復帰)に対して相変わらず否定し続けたり問題を蒸し返したり、バッシングするのは、人としてあり得ないと思いますね。 自分たちの意見や価値観が通らないと言って、何もかも否定、誹謗中傷するものではありません。

2人がナイス!しています

2

反対です。 というか私の本音は 【やれるもんならやってみろwww】 ですかね。 旧宮家男子が皇室に入るには以下のハードルを 【全て】クリアしなければなりません。 ●「結婚という過程を経ずに皇室に入れるような法整備が整う事」 ●「生涯の自由を放棄してくれる人が必ず出てくる事」 ●「皇族方が皇室入りを認めてくれるぐらい清廉潔白な事」 ●「現宮家のどなたかが養子として受け入れる決意をしてくれる事」 ●「どれだけ週刊誌に探られても過去のスキャンダルが一切出ない事」 ●「国民が皇室入りを納得してくれるぐらい人徳に優れている事」 ですが、この問題が提起されて早15年。 未だに【1つも】クリア出来ませんwwwww

2人がナイス!しています

2

絶対に反対です。憲法違反かもしれません。 旧宮家の皇籍復帰といいますが、皇族でなくなったのは70年以上前、愛子さんや悠仁君と同世代は、そのひ孫か孫(皇籍離脱した時祖父は幼少時)であり、本人はもちろん、父親も、場合によっては祖父も1秒たりとも皇族だったことがない一般市民です。 あくまでも一般市民を皇族にする話であり、本人は1秒たりとも皇族でない生まれながらの一般市民ですから、復帰ということばは間違いです。 ある生まれながらの一般市民を曾祖父あたりが皇族だったことを理由に皇族という憲法上特別な身分にすることは、門地により特定の一般市民を特別扱いすることで、法の下の平等に反します。憲法違反かもしれません。 それともしやろうとして具体的な候補者が取りざたされたら、週刊誌がその方のプライバシーを侵害する取材や記事掲載を行い、世の中が騒然となると思います。皇族復帰が検討されながら週刊誌で出たこと(経歴や家族のことなど)が理由で見送りになった時、その方を傷つけますし、いろいろな人権侵害が起きることは目に見えています。 10年位前に本家が断絶していない数家に週刊誌が取材したところ、2家は皇族になる意思なしと回答、他も回答なしです。 旧宮家のひ孫を皇族にすることは現実性がない話だとも考えます。

2人がナイス!しています

過去に例があるという回答がありますが、身分制社会の時代のことで、人権と民主主義の諸原則が絶対である現代社会になじみません。

1

賛成です。 過去に皇籍復帰の事例があります。 皇室制度は民主主義から一番離れた、帝制です(だからこそ、実権を持たせていないのです)。 ただ、国民、国家、統合として、必要です。 はっきりしているだけでも1000年を超える制度を、我々の世代で潰すわけにはいかないです。

1人がナイス!しています

1

旧宮家の男子だけで今は120名以上もおります。 また復帰を希望される方々との政府の面談もすでに進んでおります。 それに嬉しいことに、乳幼児が非常に多いです。

1人がナイス!しています

久邇宮、東久邇宮、賀陽宮、竹田宮家に男系子孫が幾人かいるとは仄聞するのですが、120名以上とは具体的には何処迄の範囲で仰有っているのですか?皇別摂家や明治、大正頃に臣籍に降った方達も含めての話でしょうか? 復帰を希望される方がいらっしゃって、且つ政府との話し合いも進んでいるとの事ですが、何処からの情報ですか?もしや、関係者の方ですか? 差しつかえなければお答え頂きたいです。