もし2021年東京五輪が中止になった場合、 2022年北京冬季も中止となりますが、

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

北京冬季は開催よりは中止の方が代替開催(2006年以前の冬季開催都市のどこかで開催)でかえって紀平の実力を出せそうです。 もし開催だと過去ネタで夏季ですが マラソンの瀬古利彦(1980年モスクワ五輪はボイコットで出場できず)のようないい時期を逃す事態が想定されます。 奇しくも瀬古と紀平は三重県に多い名字ですが (紀平梨花は兵庫県西宮市出身)。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:2/24 12:26

その他の回答(4件)

0

北京は何があってもやると思います。日本選手が心置きなく出場する為にも、出来うるなら東京オリンピックはやれると良いですね。東京が出来なければ西側諸国は北京に選手を送り出しづらくなるように思う。 紀平選手がミラノまで続けるのかはご本人次第ですが、北京は出たいでしょうし、私も北京で見たいです。

0

紀平梨花選手は、2022年北京五輪が無事開催され出場され、万が一(失礼)優勝されても、2026年ミラノ冬季を目指されるでしょう。 2030年バルセロナ冬季は、何か強い信念でも無い限り目指されないと思います。

0

ID非公開

2021/2/23 21:41

北京は中止になりません。中国が何としても開催しますよ。そして日本を含む大半の国はしぶしぶ参加となります。 北京の女子シングルはロシア勢が表彰台独占で終わるのではないかと思います。中国には有望な選手がいない、それなら友好国である国の選手を表彰台に立たせてやろうと考えるのが中国です。 紀平さんはミラノを目指して頑張って欲しいですね。

それなら東京だけ中止ですか? 東京が今年開催か来年以降への再延期なら北京冬季は2022年に予定通り開催でしょうが、 それでも米国やEU各国等はウイグルジェノサイドを理由にボイコットしそうです。 ボイコットは1980年モスクワ五輪等の前例がありますから