ここから本文です

個人事業の車の減価償却に計算の仕方を教えてください。 仕事専用として、新車の...

yyy********さん

2009/3/819:18:03

個人事業の車の減価償却に計算の仕方を教えてください。
仕事専用として、新車のハイエースを3580000円で、平成20年4月に購入しました、この場合の計算のしかたを教えてください、よろしくおねがいいたしま

補足平成20年度の確定申告用です。

閲覧数:
960
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

miy********さん

編集あり2009/3/821:59:56

償却方法は、個人の場合は原則「定額法」、法人の場合は原則「定率法」、税務署に届け出れば共に変更出来ます。

償却方法は「定額法」として、「乗用車」の6年で進めます。

定額法の計算式は「償却費」=「取得価格」×「償却率」×「使用月数」÷「12」、

使用月数は取得月と決算月の両方を含めます、例えば4月取得~12月決算なら9か月、(2年目以降は「12」とし、「12÷12」は省略出来る)。

「未償却残高」=「取得価格」-前年迄の「償却累積額」-本年の「償却費」。

「乗用車」の場合「耐用年数」は6年「償却率」は0.167。
1年目平成20年分の「償却費」=3,580,000×0.167×9÷12=448,395円、
平成20年分の「未償却残高」=3,580,000-448,395=3,131,605円。

2年目平成21年分~6年目平成25年分の「償却費」(5年間同一)=3,580,000×0.167=597,860円、
平成21年分の「未償却残高」=3,580,000-448,395-597,860=2,533,745円、平成22年分以降は計算して下さい。

最終年の「償却費」=「取得価格」-「償却累積額」-「1円」、「未償却残高」=1円(備忘価格)。

7年目平成26年分の「償却費」=3,580,000-(448,395+597,860×5)-1=142,304円、
平成26年分の「未償却残高」=1円(備忘価格)、帳簿上この備忘価格1円は除却迄残します。

上記計算の端数処置は「切り上げ」算で行っています、端数処置により円の位が異なる事が有ります、(市販の会計ソフトの多くは「切り捨て」算で、確定申告作成コーナの減価償却計算は「切り上げ」算です。)

質問した人からのコメント

2009/3/8 23:51:28

降参 とても詳しく分かりやすい説明をしていただき有難うございました、明日、早速提出してきます!。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

ttt********さん

2009/3/819:26:47

償却費=取得価格×償却率×月数/12

ハイエースって普通トラックかな
普通トラックなら耐用年数5年で償却率は0.2

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる