友人の結婚式に参列するときのお着物についてですが、私は既婚50才です。

結婚 | 着物、和服227閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

0

友人間は準礼装・略礼装で失礼にはなりません。 三つ紋の色留袖は準礼装上位になります。 少しも無礼になど成りませんが親族用です。 寧ろ無紋の色留袖か訪問着や、 三つ紋の色無地の方が宜しいです。 服装で祝意を表現もしますから結構であります。 袋帯も金銀が入ってれば大いに結構であります。 草履・バッグは共布のものをどうぞ・・・・

2

礼装には格があります 正装→準礼装→略礼装と3段階あり順に格が 下がります 出席する立場に相応しい格の礼装をするのがマナーで 高すぎても失礼、低すぎても失礼になります 例えば父親ですが新郎新婦に一番近い立場 家として考えれば主催者でもありますから 最高位の正装であるモーニングを着てお客様を 出迎えるのがお客様に対しての礼になります もし父親がが友人が着る略礼装のダークスーツなどを 着ては 格が低すぎてお客様に格が低い服装で 接しても良いと思っていると言うことになり失礼に なります 逆に友人は他人ですから一番格下の略礼装のダークスーツ を着るのは相応しいのでいいです しかし格が高いからともし正装のモーニングを着たら 自分が主役と言っているような物になり主催者に失礼になります 格が高ければ良いというわけではないのです 出席する立場に相応しい格を着るのがマナーです さてでは一般的に女性の礼装の格と立場はどうかといえば 正装:母・姉妹・祖父母・おば 準礼装:姉妹・祖父母・おば・その他親族 略礼装:従姉妹以上に遠い親族・友人・同僚 です つまり親族以外は略礼装が基本です ・・・ただし主賓や主賓の妻であれば準礼装でも かまいませんが・・ 相談者様の立場は友人ですし主賓ではありませんよね であれば準礼装が格が高すぎて好ましいとはいえません 略礼装が一番立場にあっていますね 略礼装の着物は1つ紋色無地、1つ紋色留袖など 基本的には紋が1つの着物を指します 例外的に 訪問着・付下げも紋が無くても略礼装として 扱われます 相談者様の場合は1つ紋色無地か辻が花の訪問着ですね ただ他の回答にもありますように 辻が花は礼装に 向かない物が多いです というのはもともと訪問着は社交着=盛装として パーティーなどで着たり華やかに装う物でした 付下げは訪問着が贅沢品として禁じられた時にできた 訪問着の代用品なので同じ扱いです 時代の流れともに礼装としても扱われるようになったのです そのため柄が礼装向き~趣味性が高いとか盛装向けとか とても幅広く 訪問着は略礼装となってはいても 実際に礼装に向くかどうかはその着物ごとに判断しないと わかりません

2人がナイス!しています

ご丁寧に教えていただきまして、ありがとうございます。大変よくわかりました。 訪問着は、奥が深いですね。まだまだお勉強不足でお恥ずかしい限りですが、お着物が好きなのでどんどん着ていきたいと思ってます。

1

三つ紋の色留袖は親族なら良いのですが、友人の結婚式には格が高過ぎます。辻が花染めはごめんなさい、お洒落用の盛装向きで礼装にはならないと思います。ですので、三枚の中では地味だと思われるでしょうが、一つ紋色無地が相応しいと思います。袋帯は柄が格のある物なら、茶色が混ざっていても大丈夫です。

1人がナイス!しています

ありがとうございます。格が高すぎましたね。 色無地はピンク系と明るめの紫とあります。あと、グレーと緑が混ざってるような色(若草色?)でお花の控えめな訪問着もあります。(紋無し) 帯はほぼ金の御所車の模様のものと 金、銀、白、(薄いグリーン、薄茶など少し)で扇の模様の袋帯がありますが、どちらでも大丈夫ですか? うすピンクの付け下げ(紋無し)もありますが、一つ紋の色無地がいいでしょうか?