新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

大学受験に全落ちしました。浪人か、海外に進学しようか真剣に考えています。受けたのは早稲田の法、商、政経だけです。

補足

補足です。親に確認したところ、生活費含めない学費の限度額は230万くらいで、家賃等を除く生活費で月10万ほどは出せるそうです。

ベストアンサー

0

詳しい回答ありがとうございます。フランスにお住まいなんですね。フランスでの生活はお金がかかりそうなイメージでしたが、都市にもよるのですね。両親とよく話し合いたいと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん、詳しい回答本当にありがとうございました。結論から申しますと、早稲田大学の商学部だけ受かってました。とりあえず、一年早稲田に通ってみて、海外に編入するか考えたいと思います。ベストアンサーは悩みましたが、1番海外での生活が想像しやすい回答をして下さった方をベストアンサーにしました。皆さん、ありがとうございました。

お礼日時:3/2 9:53

その他の回答(7件)

0

海外の大学を卒業しても現地就職するのはヨーロッパやアメリカは相当難しいですよ。大学院まではいかないと就労ビザが取れないと思っておいた方がいいです。文系だと大学院卒でも厳しいです。 まずは浪人してでもどこか日本の大学に入って、海外の大学院を目指す方がいいでしょう。 ヨーロッパの大学は学費は安くても、物価が高くて生活費がかなり掛かります。

0

230万円は語学学校で1年未満の資金です!! 但しこれも滞在するところによります。 学部の場合一桁多くなりますね。 欧州の大学は日本の高校卒では新入学生になれないですから1年間補習コースに行かないと。 もしくは国際バカロレアを受けて入学資格を得る。 また専攻コースが決まらなければ何も始まらないです。 コースによって入学条件科目が違うので。 英語で授業を受けられても生活は現地の言葉が必要ですから欧州の大学は現地語の語学力を要求します。 つまり大学でのコミュニケーション(注意事項などのインフォメーション)は現地語です。 職員も英語を第一言語にしていないです。 英語の国で生活するなら英語だけで済みますね。 授業料が非常に安いからという理由で欧州の大学を志願しているのなら今後今まで通り外国人にも安くするかどうか? 古い情報を捨てることですね。 外資系は学部の専攻に合った職務を与えますから将来をよく考慮しないと勉強が苦しくなるでしょう。 好きな科目があれば勉強できるけど得意ではない科目が多ければ就職もできないということ。 欧州の大学に行っても外資希望なら特に有利にならないですね。 むしろ不利になるかも?? 外資は卒業しただけで採用しないです、新卒はトップの成績で卒業が必須、トップに届かない学生はインターンなどで実績と評価を高めながら採用を目指しています。 各大学の社会的レベルに満たない学生は厳しいですよ。 日本の大学を卒業して日本の外資企業なら社会構造を理解しているので語学力次第である程度有利でしょう。 外資はいったん日本企業で実績・評価を付けてから転職する方が良いです。 履歴書でのアピールもよくなります。 お金が十分あるようですから将来を考慮して良い判断をすると良いです。

1

1.学費は生活費含めて年230万ぐらいなら出せると思います。この金額では足りないでしょうか。 全く足りませんね。「英語で授業を受けられるヨーロッパの国」となると一番の候補は当然英国ですが、230万円では授業料にもなりません。アイルランドは平均生活費が200万ほどですからこれも無理。ドイツも英語だけで学位を取れるところはありますし、学費は安めですが。。。。 日本の大学が私の世代なら名前を聞いたこともないような大学なら別ですが、早稲田なんでしょう?日本で就職するにあたり、それと五分に見て貰えるような大学は英米以外にはありません。そして英米の学費はとても高い。 理系なら、現地で就職という選択肢もありますが文系にはそれもありません。 頑張って受験勉強して早稲田へどうぞ。留学したければ、そのあと大学院でするのが合理的でしょうし、旨く感染が収まれば在学中の交換留学の可能性もまだあります。

1人がナイス!しています

0

その金額だと考えが甘いなと感じてしまいます。 まず、ヨーロッパは物価や家賃がものすごく高いので、そこで一人暮らしをするのなら生活費だけでも年額230万じゃ足りないでしょう。 更に、そもそも今コロナで渡航できる国は非常に少なく、向こう1、2年は学業で海外に行くのは難しいのが現状だと思います。 私が個人的にお勧めするのが、地方国立大学の、留学に力を入れている学部などは、調べてみると意外と沢山あり、ものによっては給付型の奨学金で、月額20万円近くもらえるようなところもありますので、留学志向ならそのような所を目指すのが良いと思います。 ただ、外資系の商社などに行きたければやっぱり早慶上位学部を出ていることはとても有利に働くでしょう。 早慶の留学生給付金について、詳しいことは知らないのでそこはなんともいえないですが、あまりお金をかけずに留学もして、外資系企業にも入るという選択肢を満たすには、浪人して、外資系に入れるような上位大学の留学に力を入れているような学部に入るのがベストなのではないかと思います。

0

「学費は生活費含めて年230万ぐらい」と言う条件で海外の大学に進学するのはかなり難しいと思います。 マレーシアの大学(授業は英語)でしたらギリギリ行けるかも、と思いますが、東南アジアが合わない人も多いでしょう。 マレーシアの大学経由で北米やオーストラリアなどの大学に編入するコースがある大学も多いですが、編入後の学費は現地の学費ですので予算的に厳しいと思います。 どちらにしても、留学生を受け入れていても、対面の授業は行っていない大学が多いです。 テンプル大学ジャパンキャンパス(本校への編入可能)という選択肢もあると思いますが、これも費用の面で厳しいですね。 https://www.tuj.ac.jp/jp/index.html