ジャンボ鶴田は強かったですが、時代が彼に追いついて こなかった感じでしょうか?

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(8件)

0

強かったのですが、馬場の求めていたプロレスラーにはなれなかったですね。 強いだけでは観客に魅せることができないのですが、それをキャリアで覆して真のプロレスラーになったのは、天龍だけでしょう。 B型肝炎にななければ、鶴田もどう変身していったかは分かりませんが、時代のせいではなくて、会場の観客にアピールしていく一体感には欠けていたと思います。

0

何を仰りたいのか、ちょっと分かりませんが、ジャンボ・鶴田は、オーソドックスなプロレスラーだったと思います。 そんな、時代を先走ったプロレスなんかやってなかったと思いますが…。

0

レスラーとしての技術とフィジカルは抜群でしたが「客に魅せて楽しませる」って面が欠如していてプロレスラーとしては致命的です(汗)。 それを馬場も「オー」アピールを否定していた原因でしょう。 吠えるハンセンや寡黙でも闘志剥き出しの三沢の方がレスラーとしては魅力的でした。