谷回りを早く始められる人ほどスキーが上手いんです、と言っているインストラクターがいました。

スキー115閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(12件)

0

言葉の断片だけ拾っても本質は見えません。 インストラクターの言葉なら前後に上達につながるものがあったと思います。

1

私見ですが、「谷回りにどのようにして入ったか」、の方が重要だと思っています。 スキーが下へ向いた時期は早くても、身体も一緒に下へ向かって進むようじゃないと、下にいるジャッジマンにとっては、「下へ向かってこない滑り」ということで、迫力に乏しい滑りということになると思います。谷回りの距離が短く、スキーがすぐに山回りに入ってしまっているからだと思います。 技術選で、前のターンのマキシマムから抜け出して切り替えの際に、臀部が低くなっているにもかかわらず、スキーを引き上げて上方に押し上げる動作をしている選手がたくさんいました。下にいるジャッジマンからすれば、「スキーの先は下へ向いたけれど、それに対して人間が向かってくるのが遅いなぁ!」という感じで、迫力に欠ける滑りということだと思いました。 外スキーのエッジが立っているにしても、乗りも悪いのか、外スキーが撓んだり・撓みが戻ったりと、一ターン中に外スキーがふらふらしている選手が幾人もいましたね。 それよりも、谷回りに入る際に、身体とスキーが共にフォールラインへ向かって進んでいる様が「早い段階でスキーにプレッシャーをかけることができていて、どんどんこっちへ向かってくるなぁ!」と見える滑りに高得点がついた感じです。谷回りの距離が長いので、下へ向かってくる度合いが大きいのだと思います。 谷回りを早く始める練習をするよりも、切り替えから谷回りに入る際に、スキーにプレシャーをかけて撓ませて、谷回りに入らせる方法にするための滑りのパターンにした方が良いと思います。 プルークボーゲンで外スキーに体重をかけて撓ませて谷回りに入らせる滑りを、パラレルターンでも使えば良いと思います。スキーに先落としをさせないで、谷回りに入らせる滑り方です。

1人がナイス!しています

0

これって谷回りと山回りは連動しているので 谷回りを早く始めるには、山回りで早くエッジを 外していないと出来ないのは当たり前! 山回りで早くエッジを外すには、谷回りを早く始めて 捉えが早くないと出来ない。 卵が先か鶏が先か?って話よ。

0

足場をサイドで得る事です。 そこから滑走となるので自由に切り替えが出来ます。

1

4本のエッジが身体の下にあれば、何でもできます 曲げ切り替え、曲げ荷重です 大概は切り替えで上にぬけるから 後傾が治った人が頑張る所です でもこれが出来ればテクニカルは受かります

1人がナイス!しています