こちらのQ&Aには、アフィリエイトリンクが掲載されています。

Yahoo!知恵袋の改善を目的としたトライアルを実施しているため、こちらのQ&Aにはアフィリエイトリンクが掲載されています。トライアルの詳細については、以下のお知らせブログ内に記載しております。
商品ページへのリンクを含む質問・回答を投稿するトライアルの実施と、利用のルールの変更についてのお知らせ

顔出しして生配信をしています。

ベストアンサー

0

僕も普段YouTube用の動画撮影やビデオ会議などで照明機材を使ってるので、僕が使っている機材2つご紹介します。 1つ目は「Yongnuo YN-600」。かなり明るいLEDライトで、直接浴びると眩しいくらいでまともに目を開けられないくらいなんですが、このライトを白い壁に向けてバウンスさせることで光が柔らかく広がり、その明るさのおかげで顔が自然な明るさになります。 バウンスさせる際にアンブレラなどを使うとより効果的でおすすめです。 もう1つは「Viltrox VL-500T」。こちらは光量が弱いものの、表面が曇りガラス状になっているためデフューザー要らずです。直接照明を見ても眩しくない程度の灯りなので使いやすいですが、逆にいうと場合によっては光量が足らないこともあるかもしれません。 とはいえ、部屋の照明にプラスするくらいであれば十分使えると思いますよ。 https://shopping.yahoo.co.jp/search?first=1&ss_first=1&ts=1613799691&mcr=fc85d3c19eb6a2a7dd70e067be7ca88f&tab_ex=commerce&sretry=0&area=13&astk=&aq=&oq=&p=Viltrox+VL-500T&sc_i=shp_pc_search_searchBox_2 「Yongnuo YN-600」はバウンスさせるために多少スペースが必要になります。撮影スペースが広くない場合は「Viltrox VL-500T」を使って直接光を浴びるのが良いかもしれません。環境に応じて選んでみてください。 https://shopping.yahoo.co.jp/search?first=1&ss_first=1&ts=1613799708&mcr=58253d1690ee13d2c06471468afa050e&tab_ex=commerce&sretry=0&area=13&astk=&aq=&oq=&p=Yongnuo+YN-600&sc_i=shp_pc_search_searchBox_2

その他の回答(1件)