プロとかのロードレースで、みんなチューブラタイヤ使ってますよね っけどチューブラってパンクしやすいってききました

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(5件)

2

チューブラーがパンクしやすいわけではありません。あとパンクしても直線だけならかなりの速度で走れるのはチューブラーだけです。リムに接着剤で貼り付けてあるので簡単に外れたりしません。チューブレスもシーラントを入れていれば微細な穴は塞がるのである程度は走れるかも知れませんが信頼性という意味ではチューブラーに劣ると思います。

2人がナイス!しています

1

プロのレースでは下り区間だと100㎞h近く出すこともあります。そんな時にパンクしてタイヤが外れたりしたら大惨事が起こります。チューブラーだとタイヤが外れる可能性は他よりは低いので、何とかソフトランディングすることができます。これが一番の理由です。 他にはリム形状がシンプルなので軽量にできます。回転部分の外周部の軽量化は最も性能に影響があります。タイヤ形状が真円でコーナリングが安定することもレースでは重要です。 パンクしてもサポートカーが近くにいればホイール交換か、バイク交換ですぐにレースに復帰できます。

1人がナイス!しています

2

チューブラーはクリンチャーよりパンクし難いです。乗り心地も軽さも良いですし。 パンクもタイムロスではありますが、みんな待ってあげるのが紳士のロードレースです。

2人がナイス!しています

2

チューブラーだからパンクしやすいってことは、無いですよ。 むしろ、構造的には良くできているので、重量から換算すれば、パンクしにくいともいえるかもです。 ビードがない分、丈夫さに配分できますから。 当然、それを、性能に生かせるので、秒を争う場合は、チューブラー一本になるわけです。 また、性能に偏りすぎて、丈夫さをおろそかにすれば、耐久性や耐パンク性能は落ちます。 どっちを選ぶかという問題かと。

2人がナイス!しています

2

パンクしにくいですよ ロードで10年以上 チューブラタイヤでパンクした事 ありませんでした ある一定以上の値段である事 空気管理は毎回 使用期間管理も厳密に 使用後半はシーラント注入 で可能でした プロの場合チューブラは 接着してあるので パンクしても低速で 走れる利点があります クリンチャー、チューブレスの場合 外れてしまいます

2人がナイス!しています