一般的なキリスト教よりもエホバの証人の方が ずっと熱心だと思います。 一般のキリスト教会がのんびりと構えているうちに、

補足

一般のキリスト教会の多くが「やる気がない」のは問題です。

宗教38閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん有難うございました。

お礼日時:2/28 19:00

その他の回答(5件)

0

信徒の数とキリスト・イエスの救いとは全く関係ありませんので、信者の人数を競い合っても仕方ことと思います。 確かにエホバの証人の家から家の福音伝道は、強いられているにしても熱心に行われている様ですが、伝道の内容は偽りの福音ですので、多く人々を、神の王国に入ろうとする人々を入れなくしているのです。 彼らは、聖書聖書とは言いますが、聖書には中天を飛ぶ御使いが福音を携えていますので、神からの真の福音は大バビロンであるエホバの証人から出てからでないと聞くことが出来ないのですよ。

0

エホバの証人の伝道が日本で効果的に見えたのは1970年代までです。 それ以降はほとんど横ばいです。 現在は毎年20万人程度。 高齢化も進んでいますし、伝道で新たな信者がほとんど得られなくなっています。 世界では一応毎年1%の増加傾向がございます。 発展途上国で伸びてます。 とはいえ、数十年前から800万人程度の信者ですよ。 カトリックの増加人数はここ数十年で数億人です。 勝負になりません。

0

「熱心で知識の無いのは良くない」箴言 熱心は習うものがありますが…強いられてやりたいですかね?

0

邪教は相手にしていないのでそんな心配はありませんよ。

0

キリスト教は世界三大宗教の1つです。そう簡単には信徒の数は超えないはずです。また、信者が他の宗教で増えようが増えまいがキリスト教徒からするとそこまで重要なことではありません。大体、熱心なのは信者が増えないからです。