池田恒興や丹羽長秀は清洲会議以降、秀吉側についたようですが、この二人は信長の家臣時代から秀吉と仲が良かったのですか?

日本史28閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

家の存亡を左右する重大事を仲の良し悪しなんぞで決めるようでは家臣に見放されます。 秀吉に従った方が有利だと判断したからでしょう。 そもそも前田、丹羽、池田は信長の君臣の身分を越えた親友です。 もし、信長の亡霊が現れたとしたら三人の手を握って「三法師を頼む」と頭を下げたはずです。 仲の良し悪しで進退するのなら織田家側つまり柴田に付かなければいけなかったと思います。

0

なにしろ、山崎の戦いで勝利し、主君の仇を討ったのは、羽柴秀吉ですからね! 池田恒興も丹羽長秀もそれには文句が言えません。

0

仲は無関係です。 昔の武将にとって、「家の存続」が重大事です。 負ければお家断絶です。 柴田と羽柴を天秤にかけた結果、羽柴を選んだという事。

0

池田恒興や丹羽長秀は柴田勝家と 仲が良くは無かったようです内実。