回答受付が終了しました

ダーウィンの進化論は間違ってる部分もあるわけで、そんなもん信じるに値しんわ。せやろ?

回答(8件)

0

色んな種類の動物が出来て、生き残りさらにそこから派生し生き残りと言うやつでしたっけ? 個人的には、それも進化の一部で、環境適応など複数の要因の結果なのかもと思っています。

0

じゃあオタクロスくん類人猿じゃなくネコが進化したってことにするよ! みんな類人猿から進化したにしちゃあみんな違うからおかしいと思ってたんよ。

2

じゃあ、君がテストで100点以外とったら、君は信用出来ない人物と言うことだなw 間違っている部分があるのではなく単に例外があるだけ。例外なんてほとんどのものにある。

2人がナイス!しています

0

その通りであると言えます。 進化論が正しいと言える確かな証拠はありません。 もし本当なら、進化の途上にある化石がたくさん出てくるはずだからです。 進化論がもし事実に基づいているのであれば,化石の記録は,生き物の体の新しい構造の始まりを示していることが期待されるでしょう。 分化過程にある腕,脚部,翼,目,その他の骨や器官を持つ何かの化石があるはずです。 ◉ 化石の記録が明らかにしていること https://wol.jw.org/ja/wol/d/r7/lp-j/1101985015 https://www.jw.org/ja/ライブラリー/本/生命の起源-5つの質問/すべての生物は共通の祖先から出たのか/ 例えば,魚のひれで,足や足指を持つ両生類の脚部に変わりつつあるもの,また肺に変わりつつあるえらなどが見つかるはずです。 前肢が鳥の翼に,後肢がかぎづめのある脚部に,うろこが羽毛に,そして口が角のようなくちばしに変わりつつある爬虫類が見いだされるはずです。 しかし、膨大な化石の記録は次の点を明らかにしています。 種々の基本的な種類の生物は急に出現しており,また,長大な期間にわたり,認められるほどの変化はしていないのです。 生物のある主要な種類と別の種類との間をつなぐ過渡的な鎖環が発見されたこともありません。 ですから,化石の記録が述べている事柄は,進化論に期待されていた事柄のまさに逆なのです。 ◆ 宇宙や銀河や地球や動植物や人間や原子や物理法則の存在は、人間をはるかに超える理知と力を持つ創造者の存在を示しています。 ■ ローマ人への手紙 1章20節 神の見えない性質は,世界の創造以来明らかです。 造られた物を見れば,神が永遠に力を持っていて,確かに神であるということが分かります。ですから,彼らは言い訳ができません。 https://www.jw.org/ja/ライブラリー/本/生命の起源-5つの質問/単純な生物など本当にあるのか/ https://www.jw.org/ja/ライブラリー/本/生命の起源-5つの質問/DNA-設計図はどこから来たのか/ 人間が作る交通ルールや様々な道具や機械や電子機器に設計者が必要であれば、はるかに緻密かつ機能的な仕組みや能力を持つ、地球や動植物や人間が偶然存在するようになるはずがありません。 例えば、スマートフォンが何もない所から偶然存在するようになることなど有り得ません。 電子機器よりはるかに複雑な動植物や人間が偶然存在するようになったという考え方は、スマートフォン等が偶然存在するようになったと主張することよりも現実離れしています。 地球や動植物や人間が偶然存在するようになる確率は、スマートフォン等が何もないところから勝手に出来上がる確率よりもさらに低いのです。 https://www.jw.org/ja/ライブラリー/本/生命の起源-5つの質問/生命はどのようにして始まったのか/

0

ダーウィンの進化論は、間違いです。 間違っている部分もあるのではなくて、間違いです。 それで、あなたは何を信じているのですか? 何が間違っているのか、考えましょう。 どう間違っているのか、考えましょう。 では、何が正しいのかを考えましょう。 もしもあなたがホモサピエンスにまで進化しているのならば。