回答受付が終了しました

オンラインで日本語教師のボランティアやお仕事されてる方いますか? 私はボランティアから始めようと思うのですが 口コミサイトなどもなく

回答(3件)

0

MEECOOに登録して格安でオンラインレッスンを何回かやりました。登録は無料なのでやってみてはどうですか?無料体験を設定することもできます。 他にもCAFE TALKやココナラも似たような感じです。この2つは利用したことはありませんが。

1

日本語教師です。有償の仕事と無償のボランティアと両方活動しています。 「ボランティアから始めよう」というのは、ボランティアからいずれステップアップしてお金のもらえる仕事にするということでしょうか。そう考えているのならやめた方がいいです。時々そう考えてボランティアに参加する人がいますが、成功した人に会ったことはありません。プロの日本語教師があえて無償で日本語を教える、つまりボランティアをすることはあっても、ボランティアから有償の仕事につながることはありません。 ボランティア自体は外国人の居住が多い自治体ならいろいろあります。昨年からコロナ禍でオンラインも増えました。従来のボランティア参加者の中にはオンラインに対応できない方もいるので、本当にボランティアをするのなら歓迎されるかもしれません。自治体や国際センターのHPを見てみてください。

1人がナイス!しています

3

35年ほど、日本語教師をしていました。ボランティアも体験ありますがオンラインの体験はありません。北陸のとある県に在住ですが、その県で「日本語教育能力検定 合格者」第1号です。 2011年の東北大震災がきっかけで、当時勤務していた大学を雇止めになり、 昨年3月にはコロナ禍による留学生激減で勤務していた日本語学校を雇止めになりました。その学校自体が夏には倒産して消滅。 さて、まず私は「ボランティアから始める」のをお勧めしません。 ボランティアは所詮は「奉仕活動」なので、 学ぶ側にも教える側にも切迫感や緊張感がなく、 教師としての成長の場になりませんよ。 学ぶ側はまず、「どーせタダなんだし」と思って、授業をドタキャンしたり、授業中に飽きて別なことをせがんだりします。復習も宿題も継続できない。もっと大事な優先順位が高いことがあるのです。 教える側も、最初は張り切っていても学習者側の不真面目な態度からだんだん萎えてきて、真剣に教案の準備をしたりした調べをしてから授業に臨むようなことが減っていきます。教え方が下手でも失敗授業であっても、「ま、しょうがないか、ボラティアだし」とおもっちゃったりします。 若い駆け出しの頃こそ、正規のお仕事として取組み、報酬をいただき、だからこのその報酬に見合うだけの良い授業を提供する!という緊迫感が大事です。 日本語教師としてのキャリアを充分に積んだあとに、これまでのお礼をするような気持ちで、ボランティアで教えるのは悪くないと思います。それまでの経験から、資材(絵教材・小道具・副教材・聴解教材などなど)もたくさんあるでしょうから、それを使えますし。駆け出しのころは、そういうものも持っていない。新たに買ったり作ったりするにも、授業が無償だと買いにくいです。私は15年ほどキャリアを積んでから、小中学校の外国籍子女の日本語サポートをするボランティアを、報酬のある仕事(大学留学生センター)にくわえる形でやりました。こういうボランティアは、各市町村の教育委員会が探していますからHPなどを見るといいと思います。 オンラインを希望なさっているのは、現状がコロナ禍だから、ということでしょうか。媒体語なしの直接法で、オンラインで教えるのはかなり難しいと思います。日本語教育学会や日本村などのサイトに求人欄もあるし、ボランティア仕事もさがせるし、教えたいという掲示板もありますよ。オンラインの正規仕事もありますね。オンライン + ボランティア があるかどうかはわかりません。 昨春の雇止めを機会に、私は日本語教師を引退しました。 学生のビザ詐称や犯罪行為に嫌気もさしていたし、 もう年齢的にも引き際だと思いました。 他に、とある外国語の大学教員も30年以上続けているので、 今はそれだけに専心しています。

3人がナイス!しています