回答受付が終了しました

教えてください!!中学受験を控えた息子を持つ母です。教えてあげたいのですが分からず、どなたかお力貸していただけないでしょうか。

画像

中学受験 | 算数54閲覧

回答(4件)

0

15を割って小数第一位 → ・10倍の150を割って整数で割り切れる ・15を割って整数で割り切れない → ・150の約数で、15の約数でない (1) 150の約数で最大→150 (2) 150を素因数分解すると2×3×5² 150の約数の個数は2×2×3=12個 15を素因数分解すると3×5 15の約数の個数は2×2=4個 150の約数で、15の約数でないものは 12-4=8個

0

お子さんの字がちょっと汚いですね。 入試とかでは焦って見間違えしてしまいそうで怖いです。 あとこんな問題たぶん正解する人あんまりいないと思うので大丈夫です。安心してください! ということで本題に入るんですけども、E数はEで15を割ったときに商が小数第1桁でちょうど割り切れるものです。 例えば0.1、0.2、0.3、0.4…とかです。 1番は小数第1桁で最小であるもの=0.1のことをさしています。ということで、求めたいE数をxとすると 15÷x=0.1→15÷0.1=x ということで150となります。 2番は15より大きいか小さいかで場合分けをします。 15より小さい整数は1~14。この場合、商の整数部分が1以上になります。 また、15より大きい整数は16~150です。 (150は1番で求めた最大のE数とわかっています。) この場合は整数部分が0になります。 はじめに15より小さいE数から求めていくんですけど、1~14まで15を自力で割ってください(笑)次にやる方法よりも早いので。そうすると、2、6、10がE数となります。 次に16~150までなんですけど、こっちは全部割っていかなくて大丈夫です。どうやるかというと、この場合は、さっきも書いたとおり、割ったときの商の整数部分が0なんですね。ということは、小数部分は1~9までに絞られます。(0.1~0.9)あとは1番と同様に15÷0.1 、15÷0.2…を0.9まで試していってください。そうすると0.1、0.2、0.3、0.5、0.6 が当てはまります。(150、75、50、30、25) ということで15より小さいE数は3個、大きいのは5個なので計8個となります。 お力になれたら幸いです。

0

画像が見えん

15をある整数でわり、商が少数第一位で割り切れた時、割る数をE数と呼びます。例えば15÷75=0.2より75はE数です。また15÷6=2.5より2.5はE数です。このとき次の問いに答えなさい。 1.E数のうち最も大きい数を求めなさい。(答えは150どうして、、) 2.E数は75や6を含め全部で何個ありますか(答えは8個そもそもE数の定義がわからない、、)です