宗教は 「我が宗教の人はそうでない人よりも人格的に立派な人が多いです」 と言いますか。

宗教39閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん色々と有難うございました。

お礼日時:3/3 16:12

その他の回答(5件)

1

あなたの言う通り、宗教を持っていなくても、またどんな宗教に属していても、 良い人はいます。 聖書にも『神の法を知らなくても、自ら法に合致することを行う人がいます。 その人は、その人の心に法が書かれているのです』とあります。 確かにそうですが、その人の心に書かれている法は 法全体ではありません。法の一部です。 貧しい人や立場の低い人に親切な人がいます。 でも、性道徳の点でも高潔でしょうか? 学校や職場で人に優しい人がいます。 その人は自宅でも家族に親切でしょうか? 子供にうそをついてはいけないと教える人がいます。 その人自身はどうでしょうか? 「今はいない」と言ってくれ、と頼むことはないでしょうか? 親切で、寛大で、嘘をつかない人、性道徳に高潔な人がいるとしましょう。 その人はどんな状況においても信頼できるでしょうか? どんな人でも良い性質もあれば望ましくない性質も持っているものです。 良い性質を持っていても難しい状況の下では利己心丸出しになるものです。 さて、神は唯一つの宗教団体しか用いません。 神はその唯一の信者団体にだけ 教え、訓練を施します。 一時期だけ教え、訓練するのではなく、 教え続け、訓練し続けます。 信者自身が拒絶しない限り教え続けます。 それでイエスは、 ご自分の弟子はその実で識別できると言いました。 この場合"実"とは信者たちが示す行いのことです。 また、「あなた方の間に愛があれば、 人々はあなた方が私の弟子であることを知るのです」とも述べました。 例えば、エホバの証人は道徳的高い基準を保つよう努力します。 時々、淫行の罪で排斥しなければならない仲間が出ますが、 相対的に証人たちは道徳的に高い基準を守ります。 多くの人が親しくなるとすぐ性的に結びつくのとは対照的です。 常には平和を唱えてはいても、 自国が戦争あるいは紛争に巻き込まれると、武器を取ることを退けません。 証人たちはどんな場合にも武器を取りません。 もし国際紛争で証人たちが武器を取るとすると、 証人たち同氏で殺しあうことになります。 その場合、「あなた方の間に愛が」あると言えるでしょうか? 証人たちにまだまだいろいろな分野で欠点があるにしても、 すでに他の人たちとの違いは明らかです。 エホバはさらに教え続けます。

1人がナイス!しています

自慢したり布教するのは そうして広まっていくのも事実ではあるから 人様に迷惑でなければ、 いいですが、 但し、 他宗だから異教だからと 他者を蔑んだり激しく折伏を行うのは、 やはり反感を買い易いと思います。

1

そもそも宗教や宗派において優劣をつけることはナンセンスですからね、信仰の自由とは?って そんな事を言う人はどの宗教にいても異端者だと思います、宗教や神仏の本質はそんな事じゃないと私も思います。

1人がナイス!しています

1

完全にその通り。宗教が違っても、立派な人ならその事に関して正しく評価すべき。 自分が何を信じているのかはあくまで自分個人の問題だ。

1人がナイス!しています

0

いいません。 なぜかというと、キリスト教的な表現でいうと 「主の目に適う実を結ぶ」 必要があるからです。 主の目に適う実が、必ずしも「世間的な観点で人格的に立派」とは限りません。そして世間的な観点で人格的に立派な人が、主の目に適う実をつけているとは限らないんですよ。 確かに、宗教に関わっていない人から見た時に、宗教に関わっている人が高い人格者に見えるのかもしれない。彼が行っていることは道徳的なことに見えるのかもしれません。 しかし、実はそうではないんです。もし招かれれば、まったく別の可能性を見ることになる、それだけのことなので、彼が「天に宝を積む」「えらい」行動をしていたとしても、実はものすごい報酬を受け取っているんですよ。