ID非公開

2021/3/1 14:49

44回答

声、滑舌について悩んでいます…

病気、症状 | 声優59閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございます、他の方が言っていた通り一度専門家に見てもらってから特に問題がなければこちらの方の方法で発音の練習をしてみたいと思います ありがとうございました!

お礼日時:3/6 5:14

その他の回答(3件)

0

十中八九、機能性構音障害の中の側音化構音(主にイ段)とサ行の構音障害だと思います。 お金掛かっても良いなら専門家に見て貰うのが確実且つ圧倒的に早いです。 http://www5a.biglobe.ne.jp/accent/hatsuon.htm 「キ」の側音化とかならまだ自力で直せない事も無いですが、「シ」「チ」(「シャ行」「チャ行」「ジャ行」含む)等の場合は正直色んな意味で自力で直すのは難しいと思います。 増してサ行全般(サスセソ)も構音障害がある場合は尚更です。 「ギリギリ」や「キリギリス」等が言えないと言う場合は、「キ」や「リ」も側音化している可能性が充分あると思いますし、サ行が苦手な方は「ツ」(及び「ツァ行」)も苦手と言う可能性があります。 単体の発音は問題ない人が滑舌練習をすると言うのとは全く訳が違うので、きちんと専門家に見て貰うのが一番良いと思います。 勿論お金の掛かる事ですし、構音障害持っていてもきちんと社会で活躍されている方も普通にいるので最終的にどうされるかは質問者様の判断にお任せします。 ただ、絶対に直したいなら独学はおすすめしません。 (構音障害特有のいくつかの問題により、自主練によって却って変な癖が付く可能性がある為です)

0

発音の仕方が悪いのではないでしょうか。 声の訓練では最初に発声をマスターします。 発声ができていないのに以降の訓練をやっても意味がないです。 正確な発声で以降の訓練をするから難しいのです。 続いて発音です。 質問者さんの場合はここで躓いていますね。 口の開け方(母音)と舌の使い方(子音)に問題があるような気がします。 たまに鼻へ抜けてしまう人もいます。 滑舌は最後の最後の訓練です。 恐らく質問者さんが思っているより声の仕事で滑舌は重要じゃないです。

0

訓練である程度改善できるようですが、頭蓋骨や顎周りの骨格の問題もあるのでなんともいえません。

ID非公開

質問者

2021/3/1 14:57

訓練ってどんなことをすればいいんですかね…?