①どうして今と昔でトランスフォーマーのキャラクターや用語等の名前が違うのですか? 今 昔 オートボット サイバトロン

画像

1人が共感しています

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

その他の回答(3件)

1

翻訳する口と合わなくなったら、

1人がナイス!しています

1

コンボイってどういう意味かご存じですか コンボイは船団という意味です んじゃ なんでロボットにコンボイと名付けたのか それは、トランスフォーマーの前身のダイアクロンのキャラクターに トラックが変形するバトルコンボイというのがあったからです おしまい では話になりませんね ダイアクロンは1980年ごろのスタートですが 1976年にサムペキンパーがコンボイという映画を撮ります アメリカの大型トラックが船団を組んで取り締まりに対抗する話で 大型トラックで護送船団(コンボイ)を組む話なのですが なぜか日本では大型トラックのことだと誤解されていて トラックのロボットにもその名前が付けられたのです しかしながら、アメリカで玩具やカトゥーンのシリーズを展開するのに トラックのロボットにコンボイと名付けたら アメリカ中の子供とその親の頭の上にでかいはてなマークが浮かぶことでしょう 海外ではもとからオプティマスなんですが 大元はコンボイなのです でもやっぱ、用語の誤用なのですな 英愛のおかげでやっと統一されたと考えましょう

1人がナイス!しています

2

もともとの原語版の名前は「オプティマス」で「プライム」は役職名。 これがあまりにも日本人に馴染みのない発音だったため 和製トランスフォーマーが作成される際には コンボイ、ジンライ、スターセイバーなど 日本の子供に覚えてもらいやすい響きの名前にしたのだと聞きました。 オートボット→サイバトロンへの変更も同じような理由。 それが2007年の実写映画がヒットしたことで 以降の作品ではオートボットやオプティマスという名前を使うようになってしまったわけです。 もともとそちらが正しいと言われればそれまでですが 若者にトランスフォーマーの話をすると 「オプティマス」の方しか出てこないのはなんだか寂しいですね。 最近昔の作品が再アニメ化される流れの中で コンボイ再登場とかあればいいのに・・・

2人がナイス!しています