小説か随筆だと思います。この文章に心当たりのある方、題名と作者をご教示ください。

文学、古典 | 小説64閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

おかげさまで、この文章の作者と題名がわかりました。毛筆で書かれた方は、どなたか分かりませんが、これから調べてみようと思います。 有難うございました。迅速なご回答に感謝します。

お礼日時:3/5 22:06