回答受付が終了しました

バイク屋の闇整備について教えてください。認証工場のないバイク屋の実態とは?

車検、メンテナンス | バイク176閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

3人が共感しています

回答(9件)

1

①不要です。買取をやると古物商がいるかも。②ユーザーのサインが必要だとおもいますが、検査の時に記録簿の存在があやふやなので微妙ですね。③認証受けた工場側は認証のない店をののしったりしてるのは事実ですが、認証受けていてもセンスのない人は何やってもだめ。認証受けてなくても保安基準に適合しているか車検場に持ち込むのは認証工場とおなじ。日本の制度なんて、みんな公務員の天下り組織を維持するためのことでしかないですよ。 子供が減り、免許人口が減って、免許の種類を増やした。整備士試験もいっとき難しくして価値のある資格だったが、途中から2級はわりと簡単にもらえるようになり、1級の試験をやりはじめた。整備振興会を維持するために認証工場から会費をとり、認証じゃない工場に認証を受けるように言ってくるが、場所の大きさ基準がバイク屋に見合ってないのでやれない人が多い。 そもそも、車検は、ナンバーと車体が同一であり、税金さえ確保できればいいのだ。定期検査よりも距離検査の方が現実的だとおもう。250も400も構造はなにもかわらないのに。

1人がナイス!しています

0

①中古バイクショップに認証工場は必要か 必要です。インターネットがある時代に、売ります買いますで利益を出せるとは思いません。いずれこういった業者は淘汰されます。中古車屋さんは大規模でない限り素人と変わりません。法律上も分解整備ができません。法律は実態を重視します。自分の名義にさえすれば、認証や指定に関係なく分解整備ができるというわけではありません。罰することは可能です。古物は許可制ではありますが、実態は申告制です。犯罪歴等がない限りは受けられてしまいます。素人と変わりないです。 ②認証工場を持たない町のバイク屋さんに車検を頼んだらどうなる? 中古車屋が①のことを知らないとは考えにくいです。普通は断ります。受けたとして車検代行が問題になる可能性は低いです。分解整備記録簿は絶対に出しません。法律上の分解整備ができないので作業料金を踏み倒す口実になります。踏み倒されなくても通報されるリスクがあります。タイヤやブレーキだって外れて飛んでいきます。彼らは整備の基礎的な教育さえ受けていません。基礎的な教育を受けているなら整備士資格があるので、認証を受けない理由はなくなります。 ③個人経営の小規模なバイク屋さんでは、認証工場を持たないところも数多くあるようです。 SNSやヤフオク等に多いです。タイヤ屋なんて未認証しかみたことがありません。バイクであればタイヤ交換はブレーキキャリパーの脱着が必須です。素人側も知識をつけるべきです。売りつけられた直後に壊れたというのは認証工場等を持たないケースがほとんどです。自動車に関わる時は最低でも認証や指定を受けている業者から選ぶべきです。取り締まりは通報が複数件あればやりますが、職員自体が少ないので放置されているのが実情です。認証を取得するようにと注意を受けている事業者を一社しかみたことがありません。張り込んで写真撮影していました。

2

「..私の調べでは、バイクに限らず自動車の分解整備を行うためには、自動車整備士のいる「認証工場」が必要です。作業者の資格の有無よりも、作業場所が認証工場か否かが重要だと分かりました。..」 イヤ、認証取得条件としては、先ず 二級整備士が居るかどうかの方が重要でしょう。店主が二級整備士であれば、家族を整備工(資格不要)に仕立てて取得最低要件は満たせます。 設備の方は、床面積と立地(住宅地では出来ない)さえ確保してれば、どうとでもなります。 開店迄に二級取得できないと、認証工場での整備経験が要りますから、店主として二級取得が難しく、従業員として二級整備士を雇えるだけの売上がないと認証取得は永遠に出来ない事になります。 ①中古バイクショップに認証工場は必要か そりゃあ、まぁ、必要なんですケドネ.. 、 未登録の車両を整備するのは、目をつむって貰えてると言うのが実情でしょう。 「..中古バイクを仕入れてそのまま売る業態.. 」なんて、ヤフオクで業者オークションから仕入れて右から左に売ってる連中と同じで、後日に問題発生して非難ごうごうの路線です。 いづれ、中古車店で、まともなリピート客やクチコミ客を増やして繁盛させようとするならば、整備は不可欠です。 ただ、それでも、いい加減な整備をするから、ビギナーには中古車専業店から中古車を購入するのがお薦めできないのです。 ②認証工場を持たない町のバイク屋さんに車検を頼んだらどうなる? 認証を持たないショップが自主的に出来るのは、形態として ユーザー車検の代行 になります。 あくまで、受検形態だけの話で、事実上自社整備で陸事に持ち込んでいるのが多い筈です。 また、認証を持つ整備工場に外注に出す場合もあります。 ③個人経営の小規模なバイク屋さんでは、認証工場を持たないところ... ...制度やその運用に問題があると思いますが、皆様のご意見をお聞かせください。 ウチも事情があって認証が取れない非認証のバイクショップです。 でも、お客様の中で何割かは、本職の2級整備士です。外車ディーラーの幹部社員さんもおられます。 いづれも ウチを非認証と知って、他所では整備できないからと持込んでこられます。 ウチで一見客から持ち込まれた不調のマシンにつて、顧客から聞き出す情報の中で、これまでどこで整備してきたか、又は、どこで購入した中古車か という項目があります。 大抵は認証を持つショップの名前が上がり、こちらは「その整備、殆んど同じ項目のやり直しになるかもしれません」なんて返答します。そして、同じショップで同じ傾向の整備ミス、若しくは粗悪整備が見つかります。 他方でウチと同じように非認証のショップで腕の良いショップの名前が上ったら、受け入れる側として安心します。大抵はお客様とそのショップの地図上の距離 や 得意車種 や (量的な)処理能力の問題てウチを訊ねておられるからです。 一番の問題は、現代の整備士には 機械設計/製作 や 電気制御 等の 機械装置にかかわるにあたって根幹となる知識や経験が求められず、メーカー直系のディーラーでのせいぜい車齢10年までの車検整備しか出来ない育てられ方をしている事と、その種の整備工場(認証工場/指定工場)での整備経験しか、資格取得条件を満たさない事で、業界全体で現状の体質を作ってしまっているという事なのではないかと思いますネ。 ...明確な結論を持たぬ回答になってしまいましたが、思うところを書いてみました。

2人がナイス!しています

2

闇整備なんかじゃなくて認証を取っていないバイク屋なんて腐るほどあるよw 認証を取っていなくても普通に車検に持ち込めるよ、なにせ車検代行屋なんてそこいらのアルバイトでも出来るんだから。 オーナー車検や車検代行屋では整備前点検が認められているので、整備記録簿がなくても検査を受けられます。 そもそも自動車やオートバイの整備や管理はオーナーが行う事が本来の姿で、整備業者はオーナーからの委託で作業を代行しているに過ぎません。 認証工場や指定工場は国の検査機関(車検場)で検査しなくては成らない作業の一部または全部を、備えた設備や整備士が整っているので行っても良いよと認められた工場だということで、認められていない工場や個人(オーナー)は作業後に検査機関で所定の検査を受けて合格出来れば問題は有りません。 例えばブレーキ関係の整備は整備後に検査機関での検査が必要なのですが、自分でブレーキパッドを交換したオーナーは自分の責任に於いて態々車検場で検査なんてしてないでしょw

2人がナイス!しています

1

①販売だけなら問題ないです。 整備するなら認証取らないと違法ですね。 ②単純に代行車検として受けるか 認証、指定持っている工場と委託だと思います。 記録簿にはその工場の名前記載するはず。 記録簿にも打ち抜きで認証番号とかあるのでそこはごまかせない。 ③認証、指定取っているところは整備振興会や国土交通省が把握してるので監査入ったり、情報伝達などできるけど 潜りはいちいち国交省が歩いて探したりは無理があります。 多くの場合は通報で発覚って感じですね。 なので見つけて通報すれば対処するはず。

1人がナイス!しています