回答(7件)

0

出自の文化が洋の東西であることや老若を問わず、良い指導者について素直な気持ちで反復練習できることが必須条件であり、上達の早道です。 それらを満たしているならば、可能であるのは間違いないのですが、 目指すゴールにたどり着くかどうかは別問題です。 楽器演奏や歌唱の経験の多寡により困難さが違います。 ・左右の手が、それぞれ別の機能を果たすべく、独立して運動すること ・フレット無しの指板にアタリ音を探り当てる程度の音感をもつこと これらは、楽器演奏や歌唱の経験値によって大きく変わります。 低音楽器なので、高齢化に伴う高音を聴き取る聴力の衰えは、大きな影響を与えないようですから安心ください。

0

どこを目指すかにもよるでしょうが、「チェロを弾けるようになる」というのであれば可能だと思います。 調べてみました。 某音楽レッスンで「大人の音楽教室」というものがありまして、年齢関係ないそうです。 チェロの先生の下でレッスンを受ける、音楽教室に通う、などいくつかの選択肢はあると思います。

1

もちろん可能です。年をとっても楽しめます。ただし、必ずレッスンの先生を見つけてください。

1人がナイス!しています

2

プロになるのは難しいでしょうが、自分が楽しむ分には可能でしょう。

2人がナイス!しています