小3の算数文章題、子供への教え方がわかりません。 問題【60個の飴を何人かに6個ずつ配ったら18個残りました。何人に配ったでしょう?】

算数 | 小学校122閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

【余りとは配らなかったもの】 これがわかってないのだと思いました! 明日伝えてみます、1番我が子がピーンときそうなキーワードを教えてくださったのでBAにさせて頂きます。ありがとうございました!

その他の回答(6件)

1

まず、簡単な例で思考過程を具体的に頭に入れあげてください。 「10個の飴でも用意して、3個づつ配るとどうなりますか?」 3人配れて1個余る。4個ならというようにします。 そうして、問題に入ってみてください。 以上。

1人がナイス!しています

0

(全体)-(余り)=(配った数) これが分からなければ 60-54=6 6÷6=1 1人に6個配った時 60-0=60 60÷6=10 10人に6個配った時 など人数を想像しやすい数にして教えるのはどうでしょう??

0

飴の代わりに、10円玉やおはじき、あるいは爪楊枝を使って実験するのが良いと思います。もちろん飴でも良いけど。 60個だと時間がかかるから、「20個を2個づつ配ったら6個余った」くらいに減らして試すのも良いでしょう。 そのときは、実験のあとで「実は一つが3個を固めたものだとして数え直してごらん」と言います。