作曲について質問です。

作詞、作曲28閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

細かくアドバイスして頂きありがとうございます!! すこし頭が軽くなった気がします! 確かに自分の練習不足が大きかったかと思います。 他の方々もありがとうございました!

お礼日時:3/4 11:52

その他の回答(5件)

0

作曲にかぎらず、エッセイ(文章)でもイラスト(絵画)でも、創作物というのは「つれづれなるままに」作っても、なかなか完成しないと思います。構成とか構造とかを考えないとカタチにならない。 フレーズが思い浮かぶアイデアが閃くとうのは感性、右脳的な営みだと思いますが、構造物として完成させるのは左脳的な作業だと思います。どちらのアタマも使わないと体を成した曲は作れない... ぼくの場合は思い浮かんだフレーズやアイデアを素材としてストックしています。すぐに作ろうとしてもアタマの中を切り替えないとムリなので...

0

辞めてしまう原因は根気のなさです。 もしくは向上心のなさです。

1

メロディが浮かんできた時は無意識にコード進行も裏で補完しています。 つまり主旋律以外のメロディやドラムが同時に思い浮かんでいる状態となります。 ただ、思い浮かんだ主旋律しか再現できないのであれば、それは納得いくものにならないはずです。 僕も作曲歴は8年でまだまだですが、ぱっと思い浮かんだ時にたくさんの情報をすぐメモするにはiPhoneの無料アプリ「Medly」がおすすめです。 質問者さんがiPhoneでなければ意味がありませんが、、、 そのアプリのハウツー動画です↓ https://youtu.be/KQLSPVjDLQg そしてそのアプリのみで完成した曲です↓ https://youtu.be/baaLWBefRRQ 作曲の世界の第一歩になれれば幸いです。 頑張ってください!

1人がナイス!しています

0

いきなりソフトを使うと失敗します。 頭で思いついたイメージは何度も声に出して脳内にしっかり響かせること。 そしてそれを録音機を使って記録することはとてもおすすめできます。 そこから、楽器を使って音をていねいに拾って、楽譜に書き出すこと。ここ大事です。ここを手抜きしていいのは中上級者だけです。 きちんと楽譜に書き取るなかで、音のさらなる把握や調整が進みます。 そしてきちんと楽譜が出来上がったら、そこからソフトに向かって打ち込むようにしてください。

>普段から心がけてる事 今僕はていねいに楽譜を書くことはしません。 しかし作曲を始めた頃は便利な生活をしていましたので、移動中は常に五線紙を持ち歩いて、思いついたものを楽譜に書いていました。 今は楽譜を書くことをしない代わりに、脳内できちんと多数のパートを構成します。つまり紙を使って書いていないだけでやっぱり楽譜を書いているようなものです。

0

頭に浮かんだメロディを 直ぐに鼻歌形式で録音します それを聴き直して尚良い感じだったら楽譜に起こします 時間がたてば直ぐに忘れますし 聴き直したら案外つまんないとか よくある事です